脂肪吸引の部位別ダウンタイムと出来るだけ抑える方法

脂肪吸引とは1㎝以下の小さい穴を体に空けて、その穴から脂肪を吸い出す(吸引する)手術です。小さい穴からカニューレと呼ばれる細く管をいれて、陰圧をかけることで脂肪を吸い出します。掃除機のようなイメージです。

術後は一定期間、痛みや見た目の影響がありますが、この期間のことをダウンタイムと言います。

脂肪吸引のダウンタイムは部位によって多少期間が異なりますので、このページではダウンタイムの詳細と部位別の詳細期間について説明します。
また、ダウンタイムの期間を抑えるための方法についてもご説明します。

脂肪吸引によって起こるダウンタイムの内容

痛みが出る

脂肪吸引の手術後は痛みが出ます。吸引する範囲が狭ければ痛みも軽度な傾向がありますし、太ももなど脂肪吸引する範囲が広ければ痛みも大きくなります。脂肪吸引後の痛みのピークは2-3日目までで、1週間経てばかなり落ち着いてきます。

顔の脂肪吸引後の痛み

顔の脂肪吸引後の痛みはそれほど大きくありません。クリニックから処方される痛み止めで気にならない位の痛みに落ち着くことが多いです。あまり心配しなくていいと思います。

二の腕の脂肪吸引後の痛み

二の腕の場合は顔よりも痛いです。特に動かすところですので痛みを感じる方は多く、程度も少し大きいです。しかし、「めちゃくちゃ痛くて動かすのもやっと」と言うような人はほとんどいません。

クリニックから処方される薬を飲んでおけばそれなりの痛みに落ち着きます。また、何かに当たったりすると痛みを強く感じます。

お腹の脂肪吸引後の痛み

お腹の場合は、痛みを強く感じる人と、そうでもない人の差が大きいです。基本的には範囲も広いですので二の腕より大きな痛みを感じる人の方が多いように思います。

太ももの脂肪吸引後の痛み

太ももの脂肪吸引後は痛みが大きいです。翌日は家の中の範囲でのみ動けると言うくらいのイメージです。また動くところであり、座ったりする時に当たる部分ですので痛みを感じるシチュエーションも多いので、術後は結構痛いと思っていてください。もちろん、それに合わせて各クリニックから痛み止めが処方されます。

内出血が出る

脂肪吸引の手術後には程度の差はあれ、内出血が出て、皮膚が赤、紫、黄色のような色になります。だいたい2週間程度で色が消えてきます。

また重力により下の方へ移動することがあります。

腫れが出る

脂肪吸引の後は腫れが出ます。腫れの大きさには個人差がありますが、脂肪を吸引して細くはなっているのですが、それ以上に腫れが出て、もとより太く見える状態になっていることが多いです。

1週間位が腫れのピークで、そのあと徐々に引いていきます。2-3週間程度で元の太さになり、3-4週間で細さが出てくるというのが多いパターンです。

むくみが出る

何が腫れで、何がむくみなのかは難しいですが、腫れが引いたなと思っても一気に細くなるわけではありません。日によって太さが違ったり、朝と夜でも太さが違ったりします。安定してくるのが1-3か月くらいです。

吸引した部位が硬くなる(拘縮する)

脂肪吸引を行った部分は、身体の内部で傷が付き、それを修復しようと言う作用が働きます。その過程で吸引した部分が非常に硬くなります。これを拘縮(こうしゅく)と呼びます。

この硬縮は手術後1週間後くらいから特に感じ始めて2週間目をピークにだんだんと落ち着いていくイメージです。

硬縮している間はマッサージを指導するクリニックも多くあります。当院も指導しています。

ひきつれる感じが出る

硬縮(こうしゅく)と似ていますが、内部が硬くなるのでひきつれる感じが出ます。例えば、二の腕の脂肪吸引の手術後に腕を上にあげた時や、太ももの脂肪吸引をした後に膝周りや内ももなどに感じることが多いように思います。これも徐々に軽快していきます。

皮膚の感覚が鈍くなることがある

脂肪吸引の手術後は感覚が鈍くなることがあり、脂肪吸引した部分を触っても自分の皮膚でないような、膜が一枚張っているような感覚になることがあります。しかし、この症状も数か月で改善してきます。

部位によって違う!ダウンタイムの程度

ダウンタイムの程度は部位によって変わってきます。それぞれ目立つ事や程度が違います。部位ごとのダウンタイムの違いが分かれば、手術の予定も立てやすくなると思います。

参考のために経過の写真を付けますが、個人差がある事をご理解ください。

顔の脂肪吸引のダウンタイム

顔の脂肪吸引の場合、お仕事などに行けるようになるのは、マスクができるのであれば2-3日後だと思います。顔の脂肪吸引の範囲はマスクで隠れてしまうことが多いので、マスクができれば結構隠せます。

ただし、首の方に内出血が出る場合があり、その場合はマスクでは隠せない部位に内出血が出てしまいます。

マスクができない場合は5-7日程度のお休みを見ていた方が無難です。

痛み 大きな痛みではない
腫れ・内出血 1週間程度
むくみ(効果が出始める期間) 4週間程度
硬縮 4週間程度

“腫れにくい顔の脂肪吸引”

当院では腫れにくい顔の脂肪吸引を行っており、大きな腫れが出ることはあまりありませんが、内出血はどうしても出てしまいます。

当院の手術後の腫れに関しては「顔の脂肪吸引による腫れと腫れを抑えるための4つのポイント」よりご覧ください。

二の腕の脂肪吸引のダウンタイム

二の腕の手術後はボレロタイプ等の圧迫用下着を着用している事と思います。通常、肘を超える長さまで圧迫下着がありますのでそれを隠せるお洋服であればお仕事など可能です。2-3日後から事務ワークや少し動かす程度であれば可能でしょう。

また、2-3週間すれば他人に見せても違和感は大きくありませんが、傷口は少し赤みがあり目立つと思います。

痛み ピークは2-3日 1週間程度で落ち着く
腫れ・内出血 1-2週間程度
むくみ(効果が出始める期間) 4週間程度
硬縮 4週間程度

お腹の脂肪吸引のダウンタイム

お腹の脂肪吸引の圧迫は隠せますので、手術後の痛みはあるものの3-4日後からお仕事は可能だと思います。二の腕と同様、2-3週間すれば他人に見られても違和感がないと思いますが、傷口は赤くなって目立っている可能性があります。

また、30代後半や40代以上の場合、1-2カ月はたるみによる凹凸感などが目立ちやすい印象があります。

痛み ピークは2-4日 1週間程度でも少し痛い
腫れ・内出血 2週間程度
むくみ(効果が出始める期間) 4週間程度
硬縮 4週間程度

太ももの脂肪吸引のダウンタイム

太ももの脂肪吸引の手術後は痛みも大きく結構大変と言いましたが、3-4日すればお仕事等可能だと考えます。例えば美容クリニックで働くナースなんかも3日程度のお休みで仕事復帰しています。

ただし、痛みがあったり、まだしんどさが残っていたりする場合もありますので、心配な方は5-7日お休みを取るのが無難です。

痛み ピークは2-4日 1週間程度でも少し痛い
腫れ・内出血 1-2週間程度
むくみ(効果が出始める期間) 4週間程度
硬縮 4週間程度

ふくらはぎの脂肪吸引のダウンタイム

ふくらはぎの脂肪吸引の場合、腫れやむくみが辛く感じると思います。革靴などの硬い靴が履きにくくなったり、履けなかったりしますので、1-2週間は代用できる靴があった方が良いでしょう。

また効果が出てくるのも遅い部位です。4週間ほどで元と同じくらいの細さになり、しっかり効果が出てくるのは4-6か月後です。特に足首の方の効果が出るのが遅いのです。

痛み ピークは2-3日 大きな痛みではない
腫れ・内出血 1-2週間程度
むくみ(効果が出始める期間) 1-2ヶ月
硬縮 4週間程度

ダウンタイムを「短くする」「楽にする」方法とは

痛みを抑える方法

痛み止めのお薬をクリニックから出してもらえると思います。顔や何も動いていたい時の二の腕に痛みなどは、お薬で結構抑えることができますが、太ももの痛みやお腹の痛みはどうしても痛みが残るかも知れません。

痛み止めの有効な使用法としては、痛みが完全に出る前に薬を飲む事です。もちろん、薬の使用間隔(クリニックで説明される)は守らなければいけませんが、痛みが出そうだなと思った時は我慢せずに早めに対処する方が得策です。

内出血を抑える、早く引かせる方法

内出血とは体の中に出た血です。血管の外に出ている血という事ですね。放っておけば無くなりますが、温めることで少し早く解消することができます。手術直後や翌日は温めない方が良いと思いますが、手術後3日ほど経ったら温めてあげることも可能です。

むくみを早く引かせる方法

手術後の部位には腫れやむくみが出ます。これは脂肪吸引に限らず、傷ついた部分には多かれ少なかれ腫れや内出血が出るのです。

むくみと言うのは身体の水分ですから、①早く引かせるには傷ついた部分を早く修復する、②水分が流れ込んでこないようにする、③水分を違うところに追いやる、という方法があり得ます。

①②を自力で行うのは難しいので、③と言う方法になりますが、マッサージでむくみを取るように身体の中心部へマッサージしたり、吸引した部分を身体よりも高い位置にして過ごすと言う方法が考えられます。例えば、足の脂肪吸引であれば足を布団などに載せて高くして寝るなどです。

“腫れや内出血を引かせるシンエック”

腫れや内出血を抑える「シンエック」と言うものがあります。これは腫れや内出血が抑えられると言うものですが、費用が高いので当院では導入しておりません。

費用が高いと言うのが一番の理由ですが、効果がなかった、術後早期のみの効果など、の意見もあり導入していません。費用をかけてもできるだけ内出血等の程度を抑えたいという方は試してみてもいいのではないでしょうか。

David J. Rowe, MS. Perioperative Risks and Benefits of Herbal Supplements in Aesthetic Surgery.Aesthetic Surgery Journal, Volume 29, Issue 2, 1 March 2009, Pages 150–157

Wendy W. Wong. Bleeding Risks of Herbal, Homeopathic, and Dietary Supplements: A Hidden Nightmare for Plastic Surgeons? Aesthetic Surgery Journal, Volume 32, Issue 3, 1 March 2012, Pages 332–346

硬くなったところを柔らかくする方法

基本的には待つしかないのですが、マッサージやストレッチを行うと、早くほぐれる傾向にあります。特に脂肪の浅い部分を吸引すると硬さを感じやすいと思います。

マッサージやストレッチは指導しないところもありますが、多くのクリニックで指導していることと思います。それに従って、しっかり行った方が良いと思います。

食事を用意しておく

お腹や太ももの脂肪吸引の2日間位はあまり外出しようという気にならないと思います。また顔の脂肪吸引の手術後もフェイスバンドをしているでしょうから、外出しにくいですよね。

そこで、2日分位の食料は買っておいた方が無難です、特に太ももの後はしんどいですのでレトルトでもいいと思います。

脂肪吸引のリスクや副作用

ダウンタイムについては解説してきましたが、その他にも以下のようなリスク・副作用があります。手術を受けるかどうかはしっかりと考えお決めください。

  • 上記解説したようなダウンタイムが必要
  • 傷ができる
  • 思ったように細くならない可能性がある
  • 左右差が出る可能性がある
  • たるみ・凹凸が出る可能性がある

当院の脂肪吸引の費用

部位 通常料金(税別) モニター料金(税別)
ほほ+あご下 320,000円 230,000円
二の腕+肩 248,000円 198,000円
お腹全体 498,000円 398,000円
太もも+膝+お尻 630,000円 498,000円
ふくらはぎ+足首 298,000円 238,000円

*2018/6/10現在