裏ハムラ法|傷を残さずに目の下のたるみを解消

裏ハムラ法|傷を残さずに目の下のたるみを解消

裏ハムラ法は、下まぶたの内側の結膜という部分を切って、目の下の膨らんでいる脂肪を窪んでいるところに移動します。そのため、膚の表面には傷を残さずに、目の下のたるみが解消できて、若々しい目元になれる手術です。

膨らんでいる脂肪をただ切り取るだけの手術よりも、効果が持続する方法です。

裏ハムラ法はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 目の下のたるみが気になる
  • 目の下のふくらみをなくしたい
  • 目の下のふくらみの下にへこみがある
  • クマがあっていつも疲れたように見られてしまう
  • 傷跡を残さずに目の下のたるみを解消したい

当院の裏ハムラ法

裏ハムラ法は目の下の膨らみを、さらに下に移動する事により若々しい目元を実現する方法です。「裏」と言う名前の通り、皮膚は切らずに行いますので傷跡は残りません。

裏ハムラ法

当院で手術を行った方の術前と3か月目

当院で行った手術の症例です。術後はメイクをしています。

裏ハムラ

〈当院の裏ハムラ法の3つの特徴〉

1)脂肪は切除せず下方向に移動させることで滑らかな仕上がりを
 
2)しっかりとスペースを確保して確実に脂肪を移動して固定します
3)裏ハムラ法・ハムラ法で100件以上の症例数がありますので気兼ねなくご相談ください。

 

裏ハムラ法は通常のハムラ法と違って皮膚を切開せずに、下まぶたの内側を切るので、傷が残らない方法です。皮膚のたるみの少ない方に向いています。

目の下のたるみの手術は、脂肪をただ取り除くだけの手術が多く行われていますが、裏ハムラ法の方が有効な手術です。

なぜなら、目の下の脂肪取りのみの手術をすると、一時的にたるみは改善されますが、数年後に目の下が全体的に窪んでくる可能性があり、陰になって暗く見え、より老けた印象になってしまうケースが多いためです。

裏ハムラ法は目の下の膨らみを取ると同時に、頬の窪んでいる部分にボリュームを持たせますが、脂肪を下方向に移動されるときに適切な場所に移動しなければ効果も半減します。裏ハムラ法のポイントは、脂肪をくぼんでいる部分にしっかりと移動する事です。ここのポイントで時間をかけて、しっかり確認しながら確実に脂肪を移動させます。当院では、一時的な効果だけではなく、長期的な効果が得られる方法を、お客様の希望に沿ってご提案させて頂いています。

 

【裏ハムラ法の概要】

施術時間 約1.5時間
腫れ 約1週間(個人差があります)
内出血 約1週間(個人差があります)
洗顔 翌日より可能
シャワー 当日より可能
メイク 翌日より可能
抜糸 なし

 

術前に知っておくべき裏ハムラ法のリスクと対策

脂肪を適切に移動しなかった場合に、目の下のたるみが変わらない、余計膨らんで見えるという事が起こります。このような場合には、 3ヶ月待っても膨らんだままの場合再手術が必要ですが、そのような事が無いように適切に脂肪を処理しています。

また、目の下の膨らみがなくなった分、どうしても皮膚が余ってしまいます。ある程度は引き締まりますが、状態によっては小じわが気になる場合があります。そのような事が起こりそうな方には事前に皮膚を切るハムラ法をお勧めさせて頂いていますが、傷が気になる場合には相談の上、裏ハムラ法を行います。

また、裏ハムラ法では脂肪を取るだけの手術に比べて小じわが目立つ可能性は少ないです。

  • 腫れや内出血が出る
  • 1週間ほど涙に血が混じることがある

裏ハムラ法の料金

通常料金 348,000円
モニター料金 218,000円

 

【保証期間・内容】

保証期間 1年間
保証内容

不整、左右差があり医師が必要と判断した場合は、無料で一度再手術をいたします。