ロングパルスヤグレーザー(レーザーシャワー)|赤み・たるみ・毛穴

ロングパルスヤグレーザーと言うのはあまりなじみのない施術かもしれませんが、実は非常に良いレーザーなのです!しわ、たるみ、毛穴、赤み、ニキビ跡、脱毛など色々な効果があります。

しかし、それぞれの効果に特化したレーザー、高周波、超音波等による施術と比較すると効能は見劣りするため、そこまでは有名でないのですが、何となく美肌になりたい人には、非常にお勧めできる施術方法です。

日本では「ジェネシス」という機械がロングパルスヤグレーザーを使った施術として有名ですが、当院では「クラリティ」と言う機械でロングパルスヤグレーザーの照射を行います。

ロングパルスヤグレーザー(レーザーシャワー)はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 顔の赤みが気になる
  • 毛穴が気になる
  • しわが気になる
  • たるみが気になる
  • 何となく美肌、アンチエイジングしたい

ロングパルスヤグレーザー(レーザーシャワー)の特徴

ロングパルスヤグレーザーはノーダウンタイムな若返り治療として非常に手軽で有効なものです。

顔の赤みが気になる方、毛穴の開きが気になる方、たるみ・しわが気になる方、何となく美肌治療したい方など幅広く対応できます。しみやくすみにも少し効果があります。

ただし、毛穴やニキビ跡にはフラクショナルレーザーの方が効果的であったり、たるみやしわも専用の治療機のものが有効であったりしますので、悩みが限られている場合はそちらの方が良い場合もあります。(当院のたるみ治療ではエクシリスエリートやニキビ跡にはフラクショナルCO2レーザー

ノーダウンタイムで手軽に、幅広く改善したい人にはロングパルスヤグレーザーはオススメです。治療費も上の専用機よりも手軽だと思います。

通常は2週間~1ヶ月に1回の治療を4~5回継続していただく事をお勧めしますが、頻繁に来院できない方は1カ月に1回でも効果が期待できます。

《レーザーフェイシャル処置の流れ》

1.クレンジング・洗顔:お顔全体のメイクや皮脂を洗い流します

2.レーザー照射:全体をまんべんなく、重ねて照射していきます

3.処置は終了です。しばらくの間、顔がホカホカしていますが問題ありません。お化粧して帰ることも可能です

〈当院のロングパルスヤグレーザーの特徴〉

1)施術前に医師がカウンセリングを行い、適応や効果をしっかり判定する
2)画一的なパワー設定でなく、個人個人に合わせて施術を行う(*)

*2種類の照射方法を選べます

  • 当院ではレーザーをシャワーのように数千発お顔に照射するバージョンと一発づつ強いパワーで行うタイトニングメイン(引き締め)のバージョンの2種類用意しています。
    レーザーシャワーの場合は赤みや肌質がメインになります。もう一方はタイトニングがメインになる施術です。

ロングパルスヤグレーザーはしっかりとしたショット数で行わないと効果が乏しいことがあります。当院ではレーザーシャワーの場合は6000発以上を照射するように行っています。

【ロングパルスヤグレーザーの概要】

ダウンタイムなく受ける事が可能です。

施術時間 約30分
赤み 数時間出る事があります(個人差があります)
痛み 施術中温かい感じがします。タイトニングメインでは痛みがあります
洗顔 直後より可能
シャワー 当日より可能
メイク 直後より可能

術前に知っておくべきロングパルスヤグレーザーのリスクと対策

かなり安全性の高い治療ですので、大きなリスクはありません。下記文献でも跡に残るような合併症はなかったと報告されています。

ただし、効果を感じにくい場合があります。

*Koh BK, Lee CK, Chae K.Photorejuvenation with submillisecond neodymium-doped yttrium aluminum garnet (1,064 nm) laser: a 24-week follow-up.Dermatol Surg. 2010 Mar;36(3):355-62 
*Chiba C, Usui A, Hara H.Clinicalexperience in skin rejuvenation treatment in Asians using a long-pulse Nd:YAG laser.J Cosmet Laser Ther. 2009 Sep;11(3):134-8
*Min SU1, Choi YS, Lee DH, et al.Comparison of a long-pulse Nd:YAG laser and a combined 585/1,064-nm laser for the treatment of acne scars: a randomized split-face clinical study.Dermatol Surg. 2009 Nov;35(11):1720-7

ロングパルスヤグレーザーの料金

1回 12,500円

レーザーフェイシャル|しみ・くすみ・毛穴

レーザーフェイシャルとはロングパルスアレキサンドライトレーザーと言うものを肌に照射する事によって、シミそばかすを薄くしたり、くすみを飛ばしたり、毛穴、しわを目立ちにくくする作用があります。

お肌の若返り効果の高いレーザー、特にシミなどの色に効果的ですので「くすみが取れた」「しみが薄くなった」「化粧乗りが良くなった」「しわが目立ちにくくなった」などのお声を良く頂きます。

レーザーフェイシャルはこのような方に向いています

  • しみやくすみを薄くしたい方
  • 化粧乗りを良くしたい方
  • ついでに産毛も抜けたらいいなと思っている方
  • お肌のキメを整えたい

レーザーフェイシャルの効果

下の写真は院長が行った写真です。1回照射ですがかなり効果が出ています。

レーザーフェイシャルの特徴

レーザーフェイシャルに似ている治療としてはIPL(光治療)が有名です。

また、シミの治療と言えば、他にも色々なものがあります。代表的なものではQスイッチレーザーや光治療(フォトフェイシャルなど)と言うものです。最近ではピコレーザーと言うものもあります。

IPL(光治療:フォトフェイシャルなど)との違い

光治療はシミなどを薄くしていく治療で、ここで紹介しているレーザーフェイシャルに似ています。

光治療とレーザーフェイシャルの違いは、フォトフェイシャルは光と言って色々な波長のものが入り混じっていますが、レーザーフェイシャルは755nmのアレキサンドライトレーザーと言う単独のものを使用しています。

似たような治療なのですが、どちらかと言うとフォトフェイシャルがシミや赤み、ニキビなどお肌の全体的な悩みに広く対応するのに対して、レーザーフェイシャルはシミのような茶色い色に寄った治療になります。

レーザーフェイシャルを数回行った後に、レーザーシャワーを行えば赤みにもより効果的にお肌のケアが可能です。

Qスイッチレーザーとの違い

Qスイッチレーザーとは、レーザーの照射時間がn秒(ナノびょう)単位と言う非常に短い時間で照射されるものです。m秒(ミリびょう)単位で照射されるレーザーに比べて周囲への影響を少なくしてシミだけ取る事が出来ます。

対して、レーザーフェイシャルはm秒単位のレーザーを使用しますので、周囲への熱作用によってしみ以外の効果も得られます。

Qスイッチレーザーは1つ1つのシミを確実に取っていくのに適していますが、施術後にカサブタになります。ほぼ確実にシミが取れますが、施術後にテープや軟膏が必要であったり、手術後に炎症後色素沈着と言って赤みが長引く場合もあります。

レーザーフェイシャル Qスイッチレーザー
特徴 しみやくすみ、毛穴の黒ずみ、化粧ノリなど幅広く対応 しみに特化
効果 しみを薄くする しみはほぼ確実に取れる
ダウンタイム ほとんどなし 施術後、軟膏やテープが必要

《レーザーフェイシャル処置の流れ》

1.クレンジング・洗顔:お顔全体のメイクや皮脂を洗い流します

2.レーザー照射:全体を照射したあと、気になる箇所は重ね打ちいたします

3.クーリング:赤みと炎症を抑えるために数分程度お冷やしをします

4.処置は終了です。お化粧して帰ることも可能です

1ヶ月に1回程度の処置を3-4回続けて頂くのが効果的です

《施術の概要》

施術時間 約30分
赤み 数時間(個人差があります)
痛み 施術中、はじく様な痛みがあります
洗顔 直後より可能
シャワー 当日より可能
メイク 直後より可能

【処置後に必要なケア】

  • 日焼け止めを必ず使用する
  • しっかりと保湿を行う

術前に知っておくべきレーザーフェイシャルのリスクと対策

ごく稀に赤みや腫れが起きることがあります。もし起こっても数日以内で治まる事がほとんどです。心配な場合はいつでもご連絡ください。

レーザーフェイシャルの料金

トライアル価格 2回目以降
1回 10,000円 14,500円

医療脱毛(レーザー脱毛)|渋谷高野美容医院

医療脱毛とは医療機関で行う脱毛です。ほとんどの医療機関でレーザー脱毛を使用しており、当院でもアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーと言う2種類のレーザーを使用しています。

2カ月前後に1回、トータルで5-6回通っていただく事で、ほとんどの方が満足いく脱毛効果を得る事が出来ます。

医療脱毛はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 永久脱毛したい方
  • 一部だけ毛を薄くしたい方(VIOやひげ)
  • 早く効果を出したい方
  • 医療機関で安心できる施術を受けたい方

当院の医療脱毛

通常、5-6回の施術でかなりの脱毛が可能で満足いく結果が得られます。施術は2カ月前後に1回行います。

医療脱毛には大きく分けて3種類のレーザーがあります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー

多く使われているレーザーはアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーですが、この2つではどうしても対応できない場合があります。そのような場合にヤグレーザーが必要になってきます。

当院ではアレキサンドライトレーザーに加えてヤグレーザーを揃えており、ほとんどすべての状態に対応することが出来ます。

実際の施術風景です。ワキ程度でしたらすぐに終了します。

当院の医療脱毛の機械

当院ではルートロニック社製の「クラリティツイン」と言う機械を使用しています。基本的にはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方が使用できる機械ですが、フラットトップビーム方式と言って、レーザーの照射範囲内にパワーがフラットに当たるのが特徴で、均一で漏れの少ない照射が可能です。

 

 

エステ脱毛との比較

エステ脱毛を行うメリットはあまりありませんが、強いて言えば痛みが少ない事です。

当院では痛みが気になる方には麻酔クリームをオプションで用意しております。

 

医療脱毛

エステ脱毛

効果

高い

低い

回数

5-6回

12回以上

痛み

あり

少ない

1回あたりの料金

高い

安い

トータルコスト

やや高い

回数によるがやや安い

やけどなどトラブルの対応

可能

不可能

 

当院の医療脱毛の5つの特徴

1)通いやすい料金設定 

2)画一的なパワー設定でなく、個人個人に合わせて施術を行う

3)痛みに弱い方には麻酔クリームを用意

4)広告宣伝を行っていないので予約も取りやすい

5)アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの2種類を用意

当院は広告をほとんど行わない事によって、料金自体を相場よりもかなりお安くする事が出来ました。さらに、大々的に集客しておりませんので予約も取りやすく通いやすいと言うメリットがあります。

医療脱毛の欠点は痛みがあると言う事ですが、希望者にはオプションで麻酔クリームを使用していただく事により痛みをかなり弱める事が出来ます。

また、2種類のレーザーを用意する事により、様々な状況の医療脱毛に対応しています。

医療脱毛の概要

ダウンタイムなく受ける事が可能です。

・施術時間   部位による

・腫れ・内出血 なし

・洗顔     直後より可能

・シャワー   直後より可能

・メイク    直後より可能

参考症例

術前に知っておくべき医療脱毛のリスクや副作用

やけどのリスク

脱毛には火傷のリスクがあります。しかし、可能性は非常に低く0.1%以下です。万が一、火傷が起きた場合は当院で治療いたします。

硬毛化のリスク

脱毛を行い際に、産毛などが逆に濃くなってしまう現象です。

二の腕・肩・背中・うなじ・フェイスラインに起こりやすいとされています。これらの部位の毛があまり気にならないのであれば脱毛しないと言う選択肢もあります。また、ヤグレーザーは硬毛化のリスクが低いので、当院ではヤグレーザーで脱毛を行う事も可能です。

料金表

Sサイズ 1回 3回 5回
額・鼻下・頬(もみあげ含む)・首・うなじ・乳輪・膝小僧・ へそ下(7cm×5cm)・手の指・手の甲・足の指・足の甲・脇 ¥5,000 ¥12,000 ¥18,000
Mサイズ 1回 3回 5回
肘下・肘上・膝下・Vライン・Iライン・Oライン・顔全体                         ¥10,000 ¥27,000 ¥42,000
Lサイズ 1回 3回 5回
胸・腹・背中上・背中下・臀部・膝上        ¥12,000 ¥32,000 ¥46,000

 

各セット 1回
VIO ¥12,000

 

全身 1回
全身A (顔、VIOなし) ¥68,000
全身B (顔、VIO含む) ¥80,000

 

男性脱毛(男性限定) 1回
ひげA (口ひげ+あご+あご下セット) ¥14,000
ひげB (もみあげ+ほほセット) ¥14,000
ひげC (ひげA+ひげB) ¥22,000
顔全体  ¥28,000

*麻酔ご希望の方は別途料金が発生致します。麻酔代:手のひらサイズ¥2,000(手のひら4枚分まで)

お腹の脂肪吸引

当院のお腹の脂肪吸引の特徴

正面だけでなくウエストラインがしっかり出るように

正面部分の脂肪も気になると思いますが、ウエストや腰の脂肪もしっかり吸引する事で、引き締まったウエストラインを実現します。

凹凸が出ないような吸引技術

お腹の脂肪吸引は凹凸の出やすい部位です。例えば肋骨の上の脂肪をしっかり吸引しないと浮き輪が乗っているように見えますので、念入りに吸引して凹ませます。逆に下っ腹やへそ上は吸引し過ぎるとシワシワの皮膚になってしまう事があり、いかに脂肪を残してあげるかがポイントです。
ただ細くするわけではなく、上記のようにその人に合った吸引量やポイントを見極めて手術します。

当院のお腹の脂肪吸引の傷

当院ではお腹の脂肪吸引を行う時には、へそのフチ、鼠径部(パンツに隠れる部分)、背中の背骨の横に2か所、5-7mm程度の傷です、傷の治り方には個人差がありますが半年~1年で目立ちにくくなることが多いです。

お腹の脂肪吸引の麻酔

お腹の脂肪吸引を行う場合は「硬膜外麻酔」と「静脈麻酔」と言う麻酔を使って手術を行っています。また、脂肪吸引の際は必ずチュメセント麻酔と言って脂肪にも局所麻酔を使用します。

硬膜外麻酔は強力に痛みのみを取り除いてくれます。静脈麻酔は痛み止めと、ボーっとするようなお薬の二種類を使用できます。2つの麻酔を併せる事で静脈麻酔の量を減らす事ができ、手術後の吐き気や気持ち悪さなどを軽減することが可能です。
静脈麻酔には効き方に個人差があります。手術中ずっと寝ている方もいれば、時々目を覚ます方もいますが、痛みは取れている状態です。静脈麻酔を使い過ぎると呼吸を抑えて思わぬ事故につながることがあること、また手術後の吐き気やフラツキが強くなることから、当院では痛みが取れている状態であれば、安全を考え一定量以上の静脈麻酔は使用しません。

当院の二の腕脂肪吸引の症例

お腹の脂肪吸引のリスク

思った様な効果が出ないことがある

脂肪がある程度付いている人に脂肪吸引をすれば必ず細くなります。しかし、どの様な細なにでも出来る訳ではありません。細くなったけど、もっと細くなりたかったと言うような場合もありえます。
その様にならないために当院では症例写真をホームページに用意したり、カウンセリングに重点を置いたりしています。

凹凸が出る事がある

お腹は脂肪吸引の中では一番凹凸が出やすい部分です。凹凸が出やすい部分には注意深く手術していきます。また、手術後の圧迫も重要です。

シワが増えることがある

出産後など肌のハリがない状態で脂肪吸引を行うとシワが増えたり、たるみが出たりします。
シワが出ても、人前では見せないので細くなりたい方のニーズなどもありますので、カウンセリングで手術後の予測やどれ位の量を吸引するかには一緒に検討しています。

お腹の脂肪吸引の料金

当院では通常料金と、経過のお写真や体験談を使用させていただく、モニター料金の2種類があります。

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引 へそ上 230,000円 184,000円
へそ下 230,000円 184,000円
ウエスト 230,000円 184,000円
230,000円 184,000円
お腹全体 498,000円 398,000円

*お腹全体の場合は採血費用12,500円が必要です
*お持ちでない方は圧迫物品10,000円が必要です 

二の腕・肩・背中の脂肪吸引

当院の二の腕・肩・背中の脂肪吸引の特徴

ストレートで細いラインを目指す

ただ単に細くするよりも、腋から肘にかけてストレートできれいなラインを目指して吸引します。

肩の張り出しを取り、華奢な二の腕に

肩の張り出しは洋服が引っかかるなど、気になる事も多い部分です。ここの脂肪をしっかり取る事で華奢な二の腕を目指します。

背中の場合は広範囲でしっかり取る

クリニックによっては背中や肩甲骨上と言っても、小範囲でしか吸引しないところもありますが、当院では腋の傷から20㎝程度、ブラジャーの紐辺りまでしっかり吸引します。

当院の二の腕・肩・背中の脂肪吸引の傷

当院では二の腕・肩の脂肪吸引を行う時には、肘の少し上に傷を作ります。5mm程度の傷です、傷の治り方には個人差がありますが目立ちにくくなることが多いです。

二の腕・肩・背中の脂肪吸引の麻酔

当院では二の腕・肩・背中の脂肪吸引を行う場合は「静脈麻酔」で手術を行っています。また、脂肪吸引の際は必ずチュメセント麻酔と言って脂肪にも局所麻酔を使用します。

静脈麻酔には効き方に個人差があります。手術中ずっと寝ている方もいれば、時々目を覚ます方もいますが、痛みは取れている状態です。静脈麻酔を使い過ぎると呼吸を抑えて思わぬ事故につながることがありますので、当院では痛みが取れている状態であれば、安全を考え一定量以上の静脈麻酔は使用しません。

当院の二の腕脂肪吸引の症例

二の腕・肩・背中の脂肪吸引のリスク

思った様な効果が出ないことがある

脂肪がある程度付いている人に脂肪吸引をすれば必ず細くなります。しかし、どの様な細なにでも出来る訳ではありません。細くなったけど、もっと細くなりたかったと言うような場合もありえます。
その様にならないために当院では症例写真をホームページに用意したり、カウンセリングに重点を置いたりしています。

色素沈着が起きることがある

非常には稀ですが、色素沈着といって肌の一部が茶色くシミのようになることがあります。だんだん薄くなっていきますが、残ってしまう可能性は低いですがゼロではありません。

二の腕・肩・背中の脂肪吸引の費用

当院では通常料金と、経過のお写真や体験談を使用させていただく、モニター料金の2種類があります

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引
二の腕もしくは背中 228,000 182,000
二の腕+肩 248,000 198,000
二の腕+肩+背中 298,000 238,000

*持参されない方は圧迫下着代金10,000円が追加で必要です。

太ももの脂肪吸引

当院の太ももの脂肪吸引の特徴

脂肪吸引は、ただ単に脂肪を取るだけではあまり細くなったようにも見えませんし、きれいにも見えません。当院では、以下に脂肪を取りながらキレイに見えるかを考えながら手術していきます。

具体的には、以下のような事に重点を置き手術していきます。

  1. 外側への張り出しを極力減らして、足を長くなったように見せる
  2. 内ももの張り出しを減らし、ストレートな足に
  3. 吸引しにくい膝周りを注意深く吸引する事で、取り残しを起こさない
  4. 傷は目立ちにくい場所に作る

特に、足が細くなっても傷が目立ちやすい場所に出来れば、足を出して外出しにくくなります。

当院の太ももの脂肪吸引の傷

当院では太ももや膝周り、お尻周りの脂肪吸引を行う際は下の写真のような位置に傷を作って行っています。できる限り目立ちにくい場所に傷を作ります。また、傷がなくなることはありませんが、出来る限り丁寧に縫合しています。

脂肪吸引中は傷口の皮膚がダメージを受けないようにシースと言われる、傷の保護具を使用しています。

当院の太ももの脂の症例

当院で行った太ももの脂肪吸引の症例の一部です。

当院の太ももの脂肪吸引時の麻酔

当院では「硬膜外麻酔」と「静脈麻酔」を併用して手術を行います。また脂肪吸引の際にはtumescent麻酔と言って脂肪へも局所麻酔を行いますが、これはどこのクリニックでも行います。

静脈麻酔のみで太ももの脂肪吸引を行うクリニックも多くあります。その方が点滴だけで麻酔が出来るので楽ですが、人によっては手術後に強い吐き気や嘔吐に悩まされることがあります。また、硬膜外麻酔は局所麻酔の一種ですので、太もものみの感覚をなくしてくれます。
当院でも静脈麻酔は使用しますが、硬膜外麻酔を併用する事により使用量を減らす事ができ、手術後のトラブルのリスクを減らせます。

当院では、一般的に行われている麻酔法の組み合わせにより手術を行っていますが、時々○○クリニックオリジナル麻酔などと宣伝しているクリニックがあります。
ハッキリ言ってそんなもの存在しません。麻酔については麻酔科学会と言うしっかりした組織があり、麻酔の方法についてその道の専門家が発表したり検証を行っています。ですので、日本で使用される麻酔は一般的に知られているものだけです。

太ももの脂肪吸引のリスク

内ももにシワが出る事がある

一気に脂肪がなくなり、皮膚も急にしぼんでいきます。内ももの皮膚の柔らかい所にシワが出来ることがありますが、3-6か月で改善していきますし、それ程気になる事はないでしょう。

色素沈着が起こる事がある

皮膚の色の血色が悪くなる状態です。特に内ももの皮膚の薄い場所に起こる事があります。時間の経過とともに改善してきます、3-6か月が目安です。

効果を実感しにくい事がある

太ももの脂肪吸引で効果を実感できない事はあまりありません。しかし、皮下脂肪の分しか吸引できませんので、細い人にすごく大きな効果と言うのは望めません。
ただし、もともと細い人でも、女性であれば少しは脂肪が付いていますから、脂肪吸引によって変化は実感できるでしょう。

 

太ももの脂肪吸引の費用

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引
太もも内側 298,000 238,000
太もも外側 298,000 238,000
太もも全体 532,000 425,000
太もも+膝 550,000 440,000
太もも+膝+お尻 630,000 498,000
下半身(太もも+膝+お尻+ふくらはぎ+足首) 798,000 598,000
ふくらはぎ 248,000 198,000
ふくらはぎ+足首 298,000 238,000
ふくらはぎ全周+足首 358,000 286,000

腫れにくい顔の脂肪吸引│頬・顎下

当院の顔の脂肪吸引

当院では腫れにくい顔の脂肪吸引を行っております。

また、顔の脂肪吸引の腫れ具合に関して、2012年、2013年の学会でも発表しています。

2012年
第100回美容外科学会
ステロイド剤を混合したtumescent麻酔による顔の脂肪吸引の検討
2013年
第101回美容外科学会
ステロイド剤を混合した局所麻酔(tumescent麻酔)による顔の脂肪吸引-VECTRA 3D systemを用いた術後早期の腫脹の 評価-

手術後の腫れ具合

麻酔液を調整し、手術方法を工夫する事で腫れにくく、手術を行う事が可能です。実際に受けて頂いた方でも腫れが少ないのが分ります。

顔 脂肪吸引 腫れ

顔の脂肪吸引の効果

当院で手術を受けて頂いた方の効果です。しっかりと細くなっているのが分ります。

顔 脂肪吸引 効果1顔 脂肪吸引 効果2

顔の脂肪吸引の概要

手術後はフェイスバンドと言うお顔を圧迫するものを着用していただきます。通常は2日間して頂きます。

施術時間 約1時間
痛み 約1週間(顔の脂肪吸引は非常に少ない痛みです)
腫れ 2日〜1週間(個人差があります)
内出血 2日〜1週間(個人差があります)
シャワー 48時間後より可能
洗顔 フェイスバンドがあるため48時間後より可能
入浴・運動 1週間後より可能
抜糸 1週間後

顔の脂肪吸引のリスク

脂肪吸引を行う場合、お顔に傷を付けなければなりませんが、顔の傷はほとんどの場合が目立ちにくくなります。

顔 脂肪吸引 傷跡

また、極まれに唇の動きが悪くなる場合があります。この場合、1-6カ月程度で回復すると言われています。

このような事例が起こる事は1%以下で、当院では細心の注意を払って手術を行いますが、日常生活が不便になってしまいます。

その他のリスク・副作用

  • 細かい左右差が出ることがある
  • 思ったように効果が出ない場合がある

顔の脂肪吸引の費用

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引 ほほ 238,000円 170,000円
あご下 198,000円 140,000円
頬骨上 178,000円 128,000円
ほほ+あご下 320,000円 230,000円
ほほ+あご下+頬骨上 370,000円 270,000円

*お持ちでない方はフェイスバンド代金10,000円が必要です。

顔の脂肪注入|自然な若返り・シワ改善

顔の脂肪注入|自然な若返り・シワ改善

自分の脂肪をお顔のシワやくぼみが気になる部分に注入して、膨らませるという手術です。

定着した脂肪はヒアルロン酸よりも長持ちするため、効果が長期間持続します。さらに、お顔に傷跡が残らないため、自然な若返りが可能になる治療法です。

顔の脂肪注入はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 目の周りやほうれい線、頬などのお顔のシワ・くぼみを改善したい
  • ふっくらとハリを出して若々しい印象になりたい
  • お顔に傷跡が残らない自然な治療法を希望している
  • より効果が長持ちする方法で治療したい
  • ヒアルロン酸や薬剤などの異物を注入するのには抵抗がある

当院の顔の脂肪注入

脂肪注入とは、太ももなどからご自分の脂肪を採取しお顔に注射針で注入して移植する方法です。ほうれい線やゴルゴ線などのシワやくぼみを改善するために行われます。脂肪注入後は3か月程度で定着が落ち着き完成してきます。

手術の流れ

  1. 太ももなどから必要量の脂肪を採取(数十cc)
  2. 採取した脂肪を遠心分離機で濃縮・分離
  3. 気になる部分へ注入

 

脂肪注入 ほうれい線

 

以下のような部位に注入可能です。

  • コメカミ
  • 目の上、目の下
  • ゴルゴ線(チーク)
  • ほうれい線
  • ほほ
  • 口角

当院の顔の脂肪注入手術の2つの特徴

1)遠心分離で濃縮して細かく砕いた脂肪を移植する
2)定着率を上げてしこりのリスクを最小限にするため細かく丁寧に注入

 

当院では採取した脂肪を遠心分離機で濃縮していい状態の脂肪にしてから注入しており、注入も非常に細かく丁寧に時間をかけて注入します。これによって、定着率を高めて満足度の高い施術を行っております。

施術時間 約1時間
腫れ 約1週間(個人差があります)
内出血 約1週間(個人差があります)
洗顔 翌日より可能
シャワー 翌日より可能
メイク 翌日より可能
抜糸

1週間後(脂肪採取部のみ)

 

術前に知っておくべき顔の脂肪注入のリスクと対策

脂肪は移植しても一部無くなっていってしまいます。なくなる分には無害なのですが、脂肪の死骸がしこりとして残る事があります。

しこりにならないように、遠心分離でいい脂肪を抽出し、できる限り細かく注入します。

 

顔の脂肪注入の料金

ほうれい線・ゴルゴ線・あご 79,000円
口角 59,000円
目の上・目の下・こめかみ・ほほ 98,000円

脂肪採取料金

(脂肪吸引と同時に行う場合は必要なし)

59,000円

*脂肪注入法:モニター料金は総額の30%引き

 

【保証期間・内容】

保証期間 1年間
保証内容 脂肪吸引部の傷跡が気になる場合は、無料で傷跡修正をいたします

二重埋没法|10分の手術で理想の二重まぶたに

二重埋没法|10分の手術で理想の二重まぶたに

二重埋没法とは、まぶたに糸を埋め込むことによって、自然な二重まぶたを作る手術です。 ご自身の希望するラインに合わせて糸をつけるだけで半永久的な二重まぶたを手に入れることができます。 腫れや痛みが少なく、短時間でできるプチ整形として人気の手術です。

二重埋没法はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 手軽な方法で二重まぶたにしたい
  • アイプチやアイテープを使うとかぶれてしまう
  • アイプチやアイテープを使う手間をはぶきたい
  • 腫れや痛みをなるべく最小限にしたい
  • 傷跡が残らない方法を希望している

二重埋没法とは

二重埋没法とは糸をまぶたに埋め込む事によって二重まぶたを作ります。二重整形の中では腫れが少なく手軽に出来るという事で人気の方法です。

埋没法

ここからは二重埋没法の解説をしながら当院の埋没法についても紹介します。

【目次】

二重の種類と種類別の術例
キレイに見える二重とは?
二重埋没法で腫れを抑えるには?
二重埋没法の手術で痛みを抑えるには?
自然さを重視しばれない二重埋没法とは
当院で行っている3つの二重埋没法
手術前に知っておくべき埋没法のリスクと対策
当院の二重埋没法の料金
当院で二重埋没法を受けられた方の感想

二重の種類と種類別の術例

二重の種類

二重まぶたには見え方によって「末広型の二重」「平行型の二重」などと呼ばれます。また末広型の中に奥二重と言うものもあります。

どの二重がキレイと言う問題ではありませんが、末広型の方がナチュラルな印象で、平行型の方がハッキリした印象を与えます。

大切なことは、希望のラインをしっかり持つことです。以下の術例を参考にして希望のラインをイメージしましょう。

 

  • 末広型:目頭のラインは隠れているタイプ
  • 平行型:目頭までラインが残っているタイプ

 

実は、末広型も平行型も二重の幅と目頭の皮膚の位置関係で見える形が違うだけです。目頭の皮膚(蒙古ヒダ)のために、どうしても平行型にならない人もいますし、末広型が良いのに平行型になってしまう人もいます。

奥二重(末広型)の術例

末広型の術例

平行型の術例

 

キレイに見える二重とは?

実際には二重だけが目の印象を決める訳ではありません。二重の幅と目そのものとの関係で印象は決まります。

下の写真は私が自分の目でシミュレーションをした時のものです。

一番左が平行型の幅広ですが、目全体として私の場合はあまりきれいに見えませんね。一番右側の二重が黒目が良く見えてパッチリキレイに見えます。

二重は広げれば広げるほど目が大きく見えるものではありません。目と二重のバランスが重要です。そして、黒目が一番パッチリ見えるのは、まつ毛の生え際がギリギリ見えるくらいところに二重まぶたができるラインです。

あとは、好みの問題もありますし、どの様なお化粧をするかで、理想とする二重幅も変わってくるでしょうが、二重を広げても目は大きく見えないという事は知っておいてください。

 

二重埋没法で腫れを抑えるには?

埋没法を行うと多少なりとも腫れが出てしまいます。腫れが強く出る1番の理由は糸を結ぶ強さと縛っている組織の量です。

糸を結ぶ強さは、強すぎると腫れが大きく出てしまいますし、弱すぎると糸が皮膚の中へ埋まってくれません。医師の好みもあるのですが、ちょうどいい強さで結ぶと腫れが少なくて済みます。

また、糸をたくさん入れたり、糸を絡めるなどして強固に結んだ場合、糸で縛る組織の量が多くなるので腫れも大きくなりやすいです。

腫れの少ない方法

一般的のよく行われる2点止めや当院のナチュラルコスメ法は腫れが出にくい方法です。

 

比較的腫れやすいが持続が良い方法

当院のダブルクロス法は、糸を絡めて止めているので、持続力が長い反面、腫れが出やすくなります。

 

針の太さは腫れにそれほど影響しない

時々、針が細いから腫れが出にくいと言う宣伝文句を見かけますが、あまり関係ありません。針で刺したからと言って腫れが出る訳ではありません。
針が細いと、内出血(青アザ)が起きる可能性が少し減ると言うのはありますが、絶対的に腫れが少なくなるわけではありませんし、そもそもほとんどのクリニックでそれなりに細い針を使用しているのです。

当院の腫れ対策

当院では出来るだけ腫れが出ないような手術を心がけています。具体的には、糸を結ぶ際に皮膚の中にはちゃんと埋まるけれどもできる限り組織に負担をかけないような強さで糸を結びます。

腫れを少なくするために大切な4つの術後ケア

①当日は安静に過ごす
手術を行った日や次の日は、お家でゆっくり過ごしましょう。腫れが少ないように見えても、身体が温まるほど動くと腫れが出てきたり、ひどくなったりします。

②当日はまぶたや周辺を冷やす
腫れを抑えるために冷やすと言うのは良く知られている方法ですが、冷やし過ぎるのもよくありません。アイスノンをハンカチやガーゼで包み軽く冷やすようにしましょう。

③心臓より頭を高くして休む
心臓より頭が低いと、腫れが出たりむくみが大きくなります。大きな腫れが引くまでは、頭を下にし過ぎないように、枕を高くして休みましょう

④アルコール・入浴で体温を上げるのは避ける
体温が上がり血流が良くなると腫れも出やすくなります。アルコールは1週間避け、入浴で温まり過ぎるのも1週間は避けましょう。

ただし、腫れが出たからと言って結果には影響しません。

二重埋没法の手術で痛みを抑えるには?

埋没法を行うためには、まぶたに局所麻酔の注射を行う必要があります。それが終わってしまえば、痛みはほとんどありません。

当院で痛みについてのアンケートを実施した結果が以下のようになっています。実際に痛みはそれほど大きくないということが分るでしょう。

0-10までの評価で平均値は3.5の痛みでした。グラフを見るとあんまり痛くないと感じる人が半分以上で、痛いと感じる人(5-7)も少しいらっしゃいました。

当院の痛み対策

当院では手術の時に笑気麻酔と言う鼻から吸う麻酔を行います。痛みが完全になくなる訳ではありませんが、リラックスでき痛みの軽減につながります。

 

自然さを重視しばれない二重埋没法とは?

埋没法がばれる場合は、大きくは以下の2つのケースだと思います。

  1. 直後の腫れでばれる
  2. 糸の膨らみでばれる

腫れについては上で解説した通りです。

糸の膨らみとは、埋没法を行った場合に糸を結んで止めますが、通常はまぶたの皮膚の直下に結び目が来ます。時々、これがポコッと目立ってしまうことがあるのです。

目立ってしまう原因には色々ありますが、以下のようなものがあります。

  • 医師の技術
  • 皮膚の厚さ
  • 糸を結ぶ強さ
  • 糸を留める位置

皮膚の厚い人の方が糸の膨らみは目立ちにくい印象がありますが、皮膚の厚い人は二重の持続はあまりよくありません。医師の技術(針の通し方など)も影響しますが、それだけが原因ではありません。

糸を結ぶ強さは、強い方が糸が中に入りますので糸の膨らみは目立たない傾向にありますが、腫れが大きくなりますし、組織への負担が増して持続が短くなる可能性もあるのではないかと考えます。

糸を留める位置を皮膚側ではなく、まぶたの裏側にする事で完全にポコッとする事を避けることができますが、抜糸が難しくなる場合があったり、皮膚の引っ張られる側に糸の結び目のような引っ掛かりがないので、持続が弱いのではないかという考えもあります。

 

“糸による目立ちやすさの違いはあるのか?”

埋没法に使用する糸は、溶けない糸で細い糸を使用します。7-0というサイズのナイロン糸かポリプロピレン糸が使われることがほとんどです。(7-0と言うのは糸の細さの規格です)

ナイロン糸とポリプロピレン糸は糸の硬さや柔軟性が違いますが、どちらが埋没法に良いと言うよりは手術者やクリニックの好みで使用されることが多く違いは大きなものではありません。糸の膨らみにもほとんど関係ないでしょう。

埋没法用に特別に作った専用の糸と言うのも見かけますが、基本的にはすでにある商品を特定のクリニック用にパッケージングを変えたに過ぎませんから、糸の違いでクリニックを選ぶのはナンセンスです。

当院で行うばれにくさ対策

当院では出来るだけ丁寧に糸が埋まるように針が通る穴を見極めながら手術を行っています。糸を結ぶ強さは、腫れや持続力を考え弱めで行っているいます。

どうしても、糸の膨らみが目立つのは嫌だと言う方には、糸の結び目を裏側に持ってくる方法をお勧めしています。と言うんではナチュラルコスメ法と言う名称にしています。

ちなみに、当院では7-0と言う規格の、ポリプロピレン糸を主に使用しています。

 

当院で行っている3つの二重埋没法

当院ではニーズに合わせて3つの種類の埋没法を行っております。一番スターンダードな埋没法が2点留めと言われる方法です。この方法が埋没法の中で最もよく行われますが、もっと持続期間を延ばしたいと言う方に「ダブルクロス法」や埋没した糸を目立ちにくくしたいと言う方に「クイックコスメ法」と言う方法を提案させていただいています。

①2点止め(2ループ法):スタンダードな方法

最もよく行われる埋没法の一つです。埋没法は糸をまぶたの裏に掛けるのですが、当院では糸が極力露出しないように裏側(結膜側)も糸を埋め込んで手術を行います。

また、埋没法には瞼板法と挙筋法の2種類の方法がありますが、それぞれメリットデメリットがあり、当院では瞼板法を基本に希望の幅や状況に合わせて選択しています。

 

hp%e7%94%a82%e7%82%b9%e6%ad%a2%e3%82%81

 

hp%e7%94%a82%e7%82%b9

 

②ダブルクロス法:持続力が強い方法

糸を絡めて結ぶ事により、引っかかる部分を多くして取れにくくする方法です。手術後の腫れは出やすくなってしまいますが、二重の持続が長くなるのが特徴です。

少しでも二重の持続を長くしたい方、まぶたの分厚い方に向いています。

 

埋没法

hp%e7%94%a8dc

 

③ナチュラルコスメ法:糸玉の膨らみが目立たない最もばれにくい、腫れにくい方法

糸の結び目をまぶたの裏側に作る事で皮膚側の糸が目立つことを避ける方法です。糸の結び目が皮膚側に来ないので、皮膚がポコッと膨らむことはありません。しかし、皮膚のそばに結び目がない事で皮膚を引っ張るところに強い引っ掛かりがない、1ループであることより、二重の持続が短い可能性があります。

 

埋没法

 

 

それぞれの特徴の比較

2点止め

3点止め

ダブルクロス法

ナチュラルコスメ法

二重の持続

☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆☆☆☆

☆☆☆

抜糸の行いやすさ

☆☆☆

☆☆☆

☆☆

☆☆

目立ちにくさ

☆☆

☆☆☆

☆☆☆

腫れ

1-4日

4-5日

5-7日

1-4日

洗顔

翌日から

翌日から

翌日から

当日から

メイク

2日後から

2日後から

2日後から

24時間後から

通常料金

82,000円

92,000円

138,000円

138,000円

モニター料金

65,000円

75,000円

79,000円

79,000円

特殊な埋没法:1糸連続法(1糸6点法)

1本の糸で連続でまぶたを縫う事による埋没法があります。2点止めや3点止めのように糸が複数入らないと言うのがメリットです。糸の結び目も1か所ですので、それによるトラブルの可能性が低下します。ですが、1本の糸なのに2点止めや3点止めと変わらない持続を得る事ができると考えられています。

持続

1糸連続法に関しての持続期間を3点止めと比べた論文があります。1糸連続法では「2~42カ月間(平均19カ月)の経過観察期間で二重が取れた人の割合は8.6%」だそうです。3点法では19.3%だったのですが、なぜか3点法は溶ける糸で行っていたのであまりいい比較ではありません。にしても、3点法と同等かそれ以上の持続力があると考えられます。

1糸連続法(1糸6点止め)表止め 1糸連続法(1糸6点止め)裏止め 2点止め
二重の持続 ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆
抜糸の行いやすさ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆
腫れ 2-4日 2-4日 1-4日
洗顔 翌日から 当日から 翌日から
メイク 2日目から 24時間後から 2日目から
通常料金 178,000円 198,000円 82,000円
モニター料金 138,000円 158,000円 65,000円

〈当院の埋没法の3つの特徴〉

1)院長は2000件以上の埋没法の手術をしており経験豊富
2)腫れや持続性などお客様のニーズに合わせた手術方法をご提案
3)トラブルケースの対応にも経験豊富なため他院の修正も可能

 

当院では二重まぶたの手術は人気の手術です。院長は今まで2000人以上の方の二重まぶた手術を行っております。上記のように希望や状況に合わせた埋没法を提案させていただきます。

また、他院で行った手術の修正もよくご相談いただきます。ですので、他院で行った方の修正も是非ご相談ください。

 

【埋没法の概要】

施術時間 約20分
腫れ 約1〜7日(個人差があります)
内出血 ほとんどなし
洗顔 翌日より可能(ナチュラルコスメ法は当日より可能)
シャワー 当日より可能
メイク

2日後より可能(目元以外は直後より可能)

(ナチュラルコスメ法は24時間後より可能)

抜糸 なし

手術前に知っておくべき埋没法のリスクと対策

二重埋没法は、リスクもあります。ここで紹介するリスクは当院に限ったことではありません。二重埋没法の手術を検討される方は、術前に必ずリスクを認識しましょう。

腫れが長引くことがある

腫れに関しては上で解説しましたが、人によっては腫れが予想以上に大きく出ることがあります。腫れはいずれ引くので待つしかないですが、本当に予定通りになるか心配になることもあると思います。どうしても心配だ、変に腫れている気がすると言う場合は、手術したクリニックへ連絡しましょう。

左右差が出ることがある

二重のラインは全く一緒にはなりません、多少左右差が出るものなのですが、左右差が出やすい目(元々の左右差がある目)と言う人もいます。手術前のシミュレーションでそれ位の左右差が出そうか、許容できる範囲かを理解しましょう。

希望の二重にならないことがある

埋没法の場合、予定と大きく異なるラインになる事はあまりありません。

二重が取れる事がある

埋没法は糸で二重を作る手術ですが、いずれ緩んで二重が取れてしまうことが多いです。1年程度で取れてしまうような、まぶたの厚い人もいれば、10年以上保っている人もいます。

平均3-5年と言われることもありますが、人によってかなり差があります。

糸が膨らむことがある

埋没法は糸を皮膚の下に埋め込みます。この時に出来る糸の結び目がプクッと膨らんで気になる場合があります。6カ月ほどで改善していく場合も多いのですが、この状態を完全に避けるにはクイックコスメ法が向いています。

糸が出てくることがある

稀ですが、糸が出てくることがあります。症状がなければ緊急と言う訳ではありませんが、出来るだけ早く抜糸するようにしましょう。

その他のリスク

稀に糸が皮膚から出てきたり、ばい菌が付いて腫れてしまう事があります。1%以下の可能性です。この場合はクリニックに来て頂き処置します。

稀に埋没法を行う事で目の開きが悪くなったり、疲れ目になったりすることがあります。この場合は1ヶ月ほどで改善する事も多いのですが、どうしても治らない場合は抜糸が必要です。

 

当院の二重埋没法の料金

【二重埋没法】

二重埋没法

2点止め

3点止め

ダブルクロス法

ナチュラルコスメ法

通常料金

88,000円

98,000円

138,000円

138,000円

モニター料金

66,000円

77,000円

79,800円

79,800円

 

【目の上の脂肪除去】二重埋没法と同時に施術

通常料金 49,800円
モニター料金 39,800円

 

【糸の抜糸】

糸の抜糸のみ 1本 20,000円
埋没法と同時に行う場合 1本 10,000円
当院の糸の抜糸(保証期間以降) 1本 5,000円

 

【保証期間・内容】

◎手術日より1年間、以下の施術を無料で行います

 ・二重の幅の変更   ・糸を外す

◎手術日より2年間、以下の時に施術を無料で行います(同一の幅に限る)

 ・二重のラインが取れてしまった、または薄くなった際の掛け直し

 

BNLS・BNLS NEO注射|腫れない脂肪溶解注射

BNLS注射|腫れない脂肪溶解注射

BNLSとは、脂肪溶解注射のひとつで、植物由来の成分を主成分としたお薬です。

従来の脂肪溶解注射は腫れが出るというデメリットがありましたが、BNLSは腫れが出にくく、効果が出るのが早いというのが特徴です。リンパ循環作用や、肌のひきしめ作用もあるので小顔効果が出やすく、近年大人気の施術です。

*2016年8月から、BNLSに成分が追加されて新しいバージョンになっています。

BNLS注射はこんな思いをお持ちの方に向いています

  • 腫れずにバレない方法で小顔になりたい
  • 頬やあご下がなかなか痩せない
  • フェイスラインのたるみが気になる
  • ダウンタイムがなくお手軽な方法で部分痩せしたい
  • 手術には抵抗がある
  • 即効性のある治療法を望んでいる

当院のBNLS注射

BNLS注射は脂肪に直接注入する事により脂肪を減らしたり、むくみを取ったりする作用があります。従来の脂肪溶解注射とは全く違う成分ですので、腫れが出る事はほとんどありません。

1-2週間に1回のペースで行い、トータルで3-5回行うのが目です。

当院では500円玉位の大きさの部位に1-2㏄の量を注入する事をお勧めしています。

BNLS注射の参考写真

diet-pic05diet-pic06

 

〈当院のBNLS注射の特徴〉

1)痛みを最小限にするためすべての方に無料で笑気麻酔を使用
2)内出血しにくい針も無料で毎回必ず使用

 

BNLS注射はクリニックによって差はなく、量が同じであればどこで注射しても同じです。また、複数回行う必要があり、通いやすくするために低料金でご案内しております。

また、他院ではオプションになる事も多い鈍針カニューレ(内出血しにくい針)や麻酔(笑気麻酔)も無料でお付けしています

一見、料金が安く思えるクリニックでも、上記オプションを付けたり、消費税が加算されると思わぬ値段になってしまう場合もあります。

使用量は1本あたりBNLS正味1㏄となっております。BNLS1本が0.7㏄であったり、麻酔を込みで1㏄(BNLS0.7㏄と麻酔0.3㏄)としているクリニックもあります。当院では量的にもお得です。

 

【BNLS注射の概要】

施術時間 約10分
腫れ・内出血 数日のみ(個人差があります)
洗顔 直後より可能
メイク 直後より可能
シャワー

直後より可能

BNLS注射のリスク・副作用

BNLS注射は副作用は少ないですが、稀に腫れが長引くことがあります。

また、注射による内出血が起きることがあります。

BNLS注射の料金 

BNLS【回数】

1~3本 4本以上
初回トライアル 3,000円/本 3,000円/本
2回目以降 8,000円/本 4,000円/本
BNLS NEO【回数】 1~3本 4本以上
初回トライアル 4,000円/本 4,000円/本
2回目以降 8,000円/本 4,800円/本

※1本はBNLS原液1㏄です。
※初回は笑気麻酔2,000円、内出血しにくい鈍針2,000円のオプションになります。
※2回目以降は笑気麻酔と鈍針カニューレを含めた料金です。