片目の埋没法は可能です。知っておきたい経過と注意点

片目の埋没法を考えている方もいると思います。同じ手術を両目にするか、片目だけにするかなので違いはありません。

中には片目の埋没法を行っていないクリニックもあるでしょうが、多くのクリニックで片目だけでも手術できます。

しかし、腫れや経過など、片目だけ行う方は両目行う方と違った感じ方をします。また、片目だけでいいと思っていても、実は両目やって揃えた方が良いとアドバイス出来ることもあります。

分っていないと、経過や結果がイメージと違うこともありえますので、片目だけの埋没法を受けようと検討している方に向けて解説します。

片目の埋没法を行った場合の効果と経過

まずは片目のみの埋没法を行った方の経過を見てみましょう。手術を行った側の方が腫れますので落ち着くまでは左右差が気になりますね。

埋没法の詳しい解説は「診療項目:埋没法」をご覧ください。

片目の埋没法を行う時に知っておくべ2つの注意点

片目だけの埋没法を受ける時とは、当然ですが片目だけを二重にしたい時でしょう。狭い方の二重を広げて揃える事は問題なく可能です。

しかし、来院される方には色々な状態の方があり、片目だけするのか両目するのか相談して頂くこともあります。

狭くして揃えるのは難しい

二重幅を狭くするのは非常に難しいです。特に生まれつきの二重を狭くするのは埋没法では困難です。

ただし、年齢とともに二重が広い所に出来てしまった場合は狭くすることができることもあります。シミュレーションで狭い二重を作る事が出来れば、埋没法で広い二重を狭くして左右合わせることも可能です。

しかし、再び広い二重のラインが出てくる可能性はあり、事前にしっかりカウンセリングを受けてから埋没法を行うか行わないかを考えて下さい。

片目だけだと食い込み方が違って見えることがある

片方の目は二重だと思っていても、食い込みが浅くしっかりした二重になっていない場合があります。

例えば、アイプチやアイテープで片方だけ二重になったと思っていてもしっかり食い込んだ二重ではなく、薄い二重の方もよくいらっしゃいます。このような場合に残る片目だけを埋没法で二重にすると埋没法を行った方の目の二重はくっきりしていて、逆側は薄い二重のままで左右差ができるということもあります。

下の写真の方は左目だけ埋没法でハッキリさせたいという方でした。ご本人様には満足いただいていますが、微妙に違うのが分ると思います。

ですので、手術前のカウンセリングでその点について聞いておくとよいでしょう。

片目の埋没法を受ける時に知っておきたい知識やリスク

片目の埋没法を受ける時でも両目を受ける時でも、ただ単に両目が片目のみになるだけで変わったことはありませんが、経過の感じ方に差が出ます。

腫れが強く出ているように感じる

両目でやっても片目でやっても腫れの程度は変わらないはずですが、片目だけ手術を受けた方が腫れが大きく出たように感じます。

なぜなら、片方の目は何もしていないので全く腫れていない状態です。ですので、左右の目で差が大きいですので、鏡をみると強く腫れているように感じます。

腫れが長引いているように感じる

埋没法の腫れは通常1-2週間で引いたように感じますが、実は微妙な腫れが残っています。ですので、片目だけ埋没法を行った場合は左右差があり、腫れがなびいているように感じたり、腫れが引いたのに左右差があるように感じます。1ヶ月は経過を見るのが良いと思います。

左右差が出ることがある

両目の埋没法を行っても左右差が出ることはありますが、もちろん片目でも左右差が出ることはあります。

見た目を揃えたいから片目の埋没法をしたのに、左右差が残るなんて…と思う方もいるでしょうが、目の形が微妙に左右で違うので、ちょっとした左右差はどうしても出てしまう場合があります。

片目の埋没法の料金

当クリニックの料金

埋没法(片目)2点止め61,600円

*2018/2/28現在、変動する可能性があり最新版は料金表ページをご覧ください。

埋没法の料金はクリニックによって様々ですが、片目だけ行う場合は料金が表示されていないこともあります。

片目の料金は両目の半分という訳ではなく、両目の料金の6-7割に設定されていることが多いでしょう。

一覧を見る