目の下のたるみ取り手術はどれを選ぶ?状態と効果・費用で比較

1.目の下のたるみとは

目の下がたるんできたとご相談に来られる方は多くいます。目の下のたるみとは、ほとんどの場合は目の下の脂肪が出てきていることが原因です。

たるんでいると思う場合、目の下をよく見ると目の下の骨の上がポコッと膨らんで見えることに気が付くでしょう。

目(眼球)の下には脂肪がありますが、何らかの原因で脂肪を支えている部分が弱くなると前に出てきてたるみとして感じられます。

2.目の下のたるみを取るための3つの方法

目の下のたるみの原因は、脂肪が膨らんでいることです。物理的に脂肪が出てきていますので、何らかの手術的な治療法を行わないと改善しません

皮膚のハリを出したり、筋肉が分厚くなれば多少は改善するかもしれませんが、目で見てわかるほどの変化はまず起こりえません。

ですので、治療を行うのであれば手術が基本になります

  1. 脂肪取りのみ:目の下の脂肪だけを取る手術
  2. 脂肪取り+脂肪注入:目の下の脂肪を取って、その下の窪みやクマに脂肪を注入する手術
  3. ハムラ法:目の下の脂肪を移動して、その下の窪みに移動する手術

1番、3番の方法は皮膚を切って行う方法と下まぶたの裏側から行う方法があります。2番の方法はまぶたの裏側を切って行う方法が一般的です。

下まぶたの裏側から切る方法は「切らない○○」などと表現されることがありますが、実際は切ります。傷は皮膚から見えません。
当院も「脂肪取りのみ」を「切らない目の下のたるみ取り」という名称にしています

脂肪取りのみ
(切らない目の下の脂肪取りと呼ばれることもあり)
脂肪取り+脂肪注入 ハムラ法・裏ハムラ法
①目の下の膨らみ :膨らみは取れるが窪んだように見えることも
②目の下の窪み × ○:入れた脂肪が減っていく事も
③色クマ :多少改善する :改善する

:多少改善する

追加で脂肪を入れれば

④頬の窪み 不変 不変:追加で脂肪を入れれば○ 不変:追加で脂肪を入れれば
皮膚のハリ たるみが大きい、年齢が高い場合は皮膚を切った方がベター

この表を見て頂いても分るように。選択するのであれば「脂肪取り+脂肪注入」もしくは「ハムラ法・裏ハムラ法」です

皮膚を切るか、下まぶたの裏を切るか

目の下のたるみ取り手術は切らないとできない訳ですが、まぶたの裏を切れば見た目に傷を残すことなく手術ができます。しかし、膨らみ(脂肪)がなくなる訳ですから、皮膚の小じわが少し悪化する可能性があります。

それに対して、皮膚を切って手術を行えば皮膚を切り取れますので、小じわの予防になります。

3、①目の下のたるみ取り:脂肪除去・脱脂

目の下のたるみ取りとして多く行われていたのはこの方法です。目の下の膨らみ、たるみの原因は脂肪なので、脂肪を取ってしまえば症状が良くなると言うものです。

今でも行われることがありますがあまりいい方法だとは思えません。

脂肪をどれだけ取ればいいかが分らない

出ている脂肪をどれだけ取ればいいか分らないのです。取り過ぎれば凹みができてしまい、余計に老けたように見えることもあります。実際に手術後数年たって凹みが出てきたと言う人もいます。

例え、手術後はそれなりに良く見えても、その後の変化が予測できない以上、この手術方法で成功の割合を上げるのは難しと思います。

窪みがそのまま残る、骨のフチのように見える

この方法で脂肪を取ると、窪みがそのまま残ったような、目の下の骨のフチが見えやすくなります。ちょっとした事ですが、目の下にキレイな状態を作ってあげるためにはあまり好ましいと思えません。

4、②脂肪取り+脂肪注入

これは1番の目の下の脂肪取りと「脂肪注入」を合せた方法です。上記に述べた「脂肪取りのみ」の方法のデメリットを補った方法と言えるでしょう。下の写真を見ても目の下のたるみと同時に、窪みも消えていますね。

この手術は3つの工程に分かれます。

  1. 目の下の脂肪を取る
  2. 目の下の窪みに脂肪を注入する(骨のすぐ上)
  3. 元々膨らんでいた部分にも脂肪を注入する(皮下)

1と2で脂肪の膨らみを取り、窪みを修正できます。ただし、1と2だけでは骨のエッジ部分には注入しにくい(できない)などあるので、3の皮下の部分に脂肪を入れる事によってより良い効果を得ようとする方法です。

クリニックにもよりますが、番の皮下に入れる脂肪は細かく砕いた脂肪(例えばナノファットと呼ばれる)なので、膨らみ自体はあまり出ないですが、色クマを消したり・皮膚がキレイになるような作用があります。

*ただし、この皮下に脂肪を注入するのは別料金として行っているクリニックもあり、料金的にも別の手術という考え方になってしまう場合もあります。

脂肪は定着するか?シコリにならないか?

移植した脂肪はすべて残るわけでもなく、個人差もあります。移植した脂肪の定着が悪いと窪みが出てきてしまいます。

また、移植した脂肪がなくなる分にはトラブルにはなりませんが、移植した脂肪がシコリとして膨らんで見えることがあります。こうなると、「普段から膨らんでいて気になる」「笑うと強調されて気になるということがあり得ます」

シコリになってしまうと、結局切開して切り取らなければならなくなります。除去自体難しい場合もあります。

頬の窪みは追加で改善できる

頬の窪みも同時にある場合は、多めにとっておいた脂肪を頬にも注入することによってある程度改善できます。

しかし、ほとんどの場合は別料金になりますし、追加でするかどうかととらえたほうがいいでしょう。

5、③ハムラ法・裏ハムラ法

ハムラさんと言う人の名前が付いた方法です。これは脂肪移動手術とも呼ばれます。

膨らんでいる脂肪を、その下の窪みに移動して縫い付ける手術です。

皮膚を切って行う方法を「ハムラ法」、下まぶたの裏側から切って行う方法を「裏ハムラ法」などと呼びます。

この方法であれば、膨らんだところにあった脂肪が下に引っ張られて平らになり、さらにその下の窪みが改善するので一石二鳥です。

デメリットは奥の方まで手術するので手術手技が煩雑になる事です。

目の下のたるみ(膨らみ)

脂肪を下方向に移動していますので、ふくらみは減っています。そして何よりも減り過ぎないのが良いところです

目の下の窪みも改善できる

脂肪を窪みに移動していますからもちろん目の下の窪みも改善されます。脂肪は移植ではなく移動なので大きく減ることもありません

頬の窪みは追加で改善できる

頬の窪みも同時にある場合は、脂肪を採取して注入したり、ヒアルロン酸注射で改善してあげることができます。

デメリット

頬の窪みや、色クマの治療のために脂肪を注入するためには、目以外にも傷を作って脂肪を取る必要があります。その点は「脂肪除去+脂肪注入」も同じですが。

ですので、そのためには傷が増える、費用が高くなるというデメリットがあります。

裏を返せば、あとからでも出来るため、とりあえず裏ハムラ法をやってから様子を見るということも可能です。

6、それぞれの比較

ハムラ法・裏ハムラ法 脂肪取り+脂肪注入
効果 短期的な差はないと言われている
メリット

傷は目の下のみ(裏ハムラなら見えない)

脂肪は移動しているのでなくなりにくい

色クマを改善しやすい

頬の窪みにも対応できる

デメリット

手術が煩雑

色クマは多少改善

頬の窪みは治せない

しこりのリスク

脂肪がなくなっていく可能性

脂肪を取る部位に傷を付ける必要がある

長期経過

まだ不明だが、今のところ言われているデメリットはない

再発のリスクはあり得る

7、目の下のたるみの状態から手術法を選ぶ手順

治療をするうえで目の下の脂肪(目の下のたるみ)以外の状況も併せて考えておく必要があります。

目の下は窪んでいないか

目の下は膨らんでいるのですが、さらにその下側はどうなっているでしょうか?

多くの場合、ふくらみの下は窪んでいることが多いのです。骨のあたりです。

目の下のたるみ(膨らみ)の治療だけではなく、この窪みも一緒に治療したほうがよりきれいになると思います。

私の経験上、ほとんどの方で目の下の窪みも同時に存在します。なので、後述する手術法の中で「ハムラ法・裏ハムラ法」「目の下の脂肪取り+脂肪注入」が合う手術になります。

色クマはどうか

目の下の色クマはないですか?それぞれ赤は筋肉が、青や紫は血管が、茶色いのは皮膚自体の色素が濃くなっている(色素沈着)などと言われます。

目の下の皮膚は非常に薄く、皮膚の下の筋肉や血管の色が透けて見える場合、色クマになります。

頬の窪みはあるか

目の下の窪みはあるかどうかでしたが、その窪みが頬の方までつながっているかどうか、それも一緒に治療したいかどうか。

これは別部位なので同一治療ではありませんが、ついでに治療する事もできます。以下に解説していきます。

皮膚のハリはあるか

目の下の皮膚はたるみによって、必要以上に膨らんでいる状態です。ですので、本来の自分の状態よりも肌のハリがあって、小じわもないように見えます。

この状態から目の下のたるみ取りをする場合、膨らみが無くなりますので、小じわが出現することがあります。

その場合は皮膚を切り取る事によって対応します。

20代、30代くらいまでであれば皮膚を切り取った方が良いと感じあるケースは少ないです。

状況別に適した手術方法を整理すると以下の図のようになります。

パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 パターン5

目の下のたるみがある

ある ある ある ある ある

目の下が窪んでいる

なし ある ある ある ある

色クマが気になるか

なし or 少しだけ なし or 少しだけ ある ある なしorある
頬のくぼみが気になるか なし なし なし ある なしorある
皮膚のたるみがある なし なし なし なし ある
手術方法

どの手術法でも可能

脂肪除去のみは症例を選ぶ

裏ハムラ法

脂肪除去+脂肪注入

裏ハムラ法

裏ハムラ法+脂肪注入

脂肪除去+脂肪注入

裏ハムラ法+脂肪注入

脂肪除去+脂肪注入

ハムラ法

“「脂肪取り+脂肪注入」と裏ハムラはどっちがいいの?”

実は脂肪注入と書きましたが、脂肪注入は「②目の下の窪み」と「③色クマ」に対して2通りの脂肪注入法を行っています。「脂肪取り」と「脂肪注入」という2つの組み合わせに見えますが、3通りの手術をしているのです。ですので、「ハムラ法・裏ハムラ法」においても「③色クマ」に対して脂肪注入を行えば色クマにも同じように対応できます。

ちなみに、この両者は短期的には効果は変わらないと言われています

8、多くの場合ハムラ法・裏ハムラ法が選ばれる

色々な意見がありますが、目の下のたるみ取りは裏ハムラ法が一石二鳥で、移動した脂肪が減っていく事も考えにくいのでいい方法だと考えています。

ただ単に目の下のたるみ取りと言われれば裏ハムラ法をお勧めしていますが、裏ハムラ法では改善の難しい部分は「頬までの窪み」「色クマ」だと思います。

それでも、裏ハムラ法でも色クマに対して一定の効果はあり、少し改善します。上の写真でご覧いただいた通りです。

脂肪注入したほうが色クマは良くなるし、頬のへこみがある場合は脂肪注入がいいのではないか?という考えもあるのですが、説明してきたように、色クマを隠すための脂肪注入や頬の窪みを消すための脂肪注入はそもそも別部位、別の手術だと考えます。

別料金を請求しているクリニックもありますので。ですので、別部位の手術であれば裏ハムラ法に脂肪注入を組み合わせればいいのではないでしょうか。

そもそも目の下のたるみとは、「目の下の膨らみ」と「目の下のへこみ」がメインの症状です。これを確実に修正するのは、きちんと脂肪が残り、脂肪を取り過ぎて窪む心配のない裏ハムラ法だと思います。

9、脂肪取り+脂肪注入が向いている人

目の下のたるみ取りを行う際に、裏ハムラ法では改善しきれない部分を改善したい場合に行うのが向いていると思います。

目の下のたるみ取りと一緒に色クマも効率よく改善したい、目の下のたるみ取りもしたいが頬の窪みも気になると言った場合です。

ただし、裏ハムラ法でも追加で色クマ対策に脂肪注入を追加したり、頬の脂肪注入を追加することはできます。

「裏ハムラ法」と「脂肪取り+脂肪注入」どっちがいいの?

「裏ハムラ法」と「脂肪取り+脂肪注入}のどちらが良いかと言う事を聞かれますが、目の下のたるみ取りと言う意味では裏ハムラ法の方が良いと思っています。

  • 脂肪取り+脂肪注入は、結局は脂肪取りで、将来的に窪んでいくようなリスクがあるのではないか?
  • 脂肪取り+脂肪注入は、脂肪が定着しないで、あまりいい結果にならない可能性があるのではないか?

と言うのが理由です。

色クマに対しては脂肪注入の方が有効性は高いと思いますが、上記で説明したように脂肪注入の皮下に脂肪を入れるのは裏ハムラでやっている以上のことをやっているので、裏ハムラ法+皮下脂肪注入をよればもっと良いのではないかと思います。頬の窪みに関しても裏ハムラ法とは別で脂肪を注入すればよいし、もしくはヒアルロン酸などを注射する方法もあります。

10、まとめ

以上解説してきたように、目の下のたるみ取りと言っても色々な方法があります。医師によっても考え方の違いがあると思います。

どの方法が良いと言うよりかは、目の下の状態によってどの方法があっているのかを医師と相談して決めることが重要です。

その為にも、1つの方法にこだわらず、全ての手術法ができる医師に相談するのがいいと思います。

手術のリスクや副作用

腫れ・内出血

手術ですので腫れや内出血が出ることがあります。1週間、長い人ですと2週間で引いていきます。

左右差

手術で出る左右差と言うよりは、元々ある左右差が脂肪を処理することで目立ってくる場合があります。

再発のリスク

10年20年の長期の経過の結果と言うのは出ていません。再発のリスクがないとは言い切れません。

当院の費用

目の下のたるみ取り(脂肪取りのみ) 218,000円 130,000円
目の下のたるみ取り(脂肪取り)+脂肪注入 348,000円 218,000円
ハムラ法 348,000円 218,000円
裏ハムラ法 348,000円 218,000円

一覧を見る