お腹の脂肪吸引

当院のお腹の脂肪吸引の特徴

正面だけでなくウエストラインがしっかり出るように

正面部分の脂肪も気になると思いますが、ウエストや腰の脂肪もしっかり吸引する事で、引き締まったウエストラインを実現します。

凹凸が出ないような吸引技術

お腹の脂肪吸引は凹凸の出やすい部位です。例えば肋骨の上の脂肪をしっかり吸引しないと浮き輪が乗っているように見えますので、念入りに吸引して凹ませます。逆に下っ腹やへそ上は吸引し過ぎるとシワシワの皮膚になってしまう事があり、いかに脂肪を残してあげるかがポイントです。
ただ細くするわけではなく、上記のようにその人に合った吸引量やポイントを見極めて手術します。

当院のお腹の脂肪吸引の傷

当院ではお腹の脂肪吸引を行う時には、へそのフチ、鼠径部(パンツに隠れる部分)、背中の背骨の横に2か所、5-7mm程度の傷です、傷の治り方には個人差がありますが半年~1年で目立ちにくくなることが多いです。

お腹の脂肪吸引の麻酔

お腹の脂肪吸引を行う場合は「硬膜外麻酔」と「静脈麻酔」と言う麻酔を使って手術を行っています。また、脂肪吸引の際は必ずチュメセント麻酔と言って脂肪にも局所麻酔を使用します。

硬膜外麻酔は強力に痛みのみを取り除いてくれます。静脈麻酔は痛み止めと、ボーっとするようなお薬の二種類を使用できます。2つの麻酔を併せる事で静脈麻酔の量を減らす事ができ、手術後の吐き気や気持ち悪さなどを軽減することが可能です。
静脈麻酔には効き方に個人差があります。手術中ずっと寝ている方もいれば、時々目を覚ます方もいますが、痛みは取れている状態です。静脈麻酔を使い過ぎると呼吸を抑えて思わぬ事故につながることがあること、また手術後の吐き気やフラツキが強くなることから、当院では痛みが取れている状態であれば、安全を考え一定量以上の静脈麻酔は使用しません。

当院の二の腕脂肪吸引の症例

お腹の脂肪吸引のリスク

思った様な効果が出ないことがある

脂肪がある程度付いている人に脂肪吸引をすれば必ず細くなります。しかし、どの様な細なにでも出来る訳ではありません。細くなったけど、もっと細くなりたかったと言うような場合もありえます。
その様にならないために当院では症例写真をホームページに用意したり、カウンセリングに重点を置いたりしています。

凹凸が出る事がある

お腹は脂肪吸引の中では一番凹凸が出やすい部分です。凹凸が出やすい部分には注意深く手術していきます。また、手術後の圧迫も重要です。

シワが増えることがある

出産後など肌のハリがない状態で脂肪吸引を行うとシワが増えたり、たるみが出たりします。
シワが出ても、人前では見せないので細くなりたい方のニーズなどもありますので、カウンセリングで手術後の予測やどれ位の量を吸引するかには一緒に検討しています。

お腹の脂肪吸引の料金

当院では通常料金と、経過のお写真や体験談を使用させていただく、モニター料金の2種類があります。

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引 へそ上 230,000円 184,000円
へそ下 230,000円 184,000円
ウエスト 230,000円 184,000円
230,000円 184,000円
お腹全体 498,000円 398,000円

*お腹全体の場合は採血費用12,500円が必要です
*お持ちでない方は圧迫物品10,000円が必要です 

二の腕・肩・背中の脂肪吸引

当院の二の腕・肩・背中の脂肪吸引の特徴

ストレートで細いラインを目指す

ただ単に細くするよりも、腋から肘にかけてストレートできれいなラインを目指して吸引します。

 

肩の張り出しを取り、華奢な二の腕に

肩の張り出しは洋服が引っかかるなど、気になる事も多い部分です。肩の張り出し部分の脂肪をしっかり取る事で華奢な二の腕を目指します。

背中の場合は広範囲でしっかり取る

クリニックによっては背中や肩甲骨上と言っても、小範囲でしか吸引しないところもありますが、当院では腋の傷から20㎝程度、ブラジャーの紐辺りまでしっかり吸引します。

当院の二の腕脂肪吸引の症例

当院の二の腕・肩・背中の脂肪吸引の傷

当院では二の腕・肩の脂肪吸引を行う時には、肘の少し上に傷を作ります。5mm程度の傷です、傷の治り方には個人差がありますが目立ちにくくなることが多いです。

もちろん「スキンプロテクター」を使用して手術します。

二の腕・肩・背中の脂肪吸引の麻酔

当院では二の腕・肩・背中の脂肪吸引を行う場合は「静脈麻酔」で手術を行っています。また、脂肪吸引の際は必ずチュメセント麻酔と言って脂肪にも局所麻酔を使用します。

静脈麻酔には効き方に個人差があります。手術中ずっと寝ている方もいれば、時々目を覚ます方もいますが、痛みは取れている状態です。静脈麻酔を使い過ぎると呼吸を抑えて思わぬ事故につながることがありますので、当院では痛みが取れている状態であれば、安全を考え一定量以上の静脈麻酔は使用しません。

二の腕・肩・背中の脂肪吸引のリスク

思ったほどの効果が出ないことがある

脂肪がある程度付いている人に脂肪吸引をすれば必ず細くなります。しかし、どの様な細さにでも出来る訳ではありません。細くなったけど、もっと細くなりたかったと言うような場合もありえます。
その様にならないために当院では症例写真をホームページに用意したり、カウンセリングに重点を置いたりしています。

色素沈着が起きることがある

非常には稀ですが、色素沈着といって肌の一部が茶色くシミのようになることがあります。だんだん薄くなっていきますが、残ってしまう可能性は低いですがゼロではありません。

二の腕・肩・背中の脂肪吸引の費用

当院では通常料金と、経過のお写真や体験談を使用させていただく、モニター料金の2種類があります

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引
二の腕もしくは背中 228,000 182,000
二の腕+肩 248,000 198,000
二の腕+肩+背中 298,000 238,000

*持参されない方は圧迫下着代金10,000円が追加で必要です。

太ももの脂肪吸引

当院の太ももの脂肪吸引の特徴

脂肪吸引は、ただ単に脂肪を取るだけではあまり細くなったようにも見えませんし、きれいにも見えません。当院では、いかに脂肪を取りながらキレイに見えるかを考えながら手術していきます。

具体的には、以下のような事に重点を置き手術していきます。

当院の特徴

  1. 外側への張り出しを極力減らして、足を長くなったように見せる
  2. 内ももの張り出しを減らし、ストレートな足に
  3. 吸引しにくい膝周りを注意深く吸引する事で、取り残しを起こさない
  4. 傷は目立ちにくい場所に作る

特に、足が細くなっても傷が目立ちやすい場所に出来れば、足を出して外出しにくくなります。

当院の太ももの脂肪吸引の傷

当院では太ももや膝周り、お尻周りの脂肪吸引を行う際は下の写真のような位置に傷を作って行っています。

できる限り目立ちにくい場所に傷を作ります。また、傷がなくなることはありませんが、出来る限り丁寧に縫合しています。

脂肪吸引中は傷口の皮膚がダメージを受けないようにシースと言われる、傷の保護具を使用しています。

当院の太ももの脂肪吸引の症例

当院で行った太ももの脂肪吸引の症例の一部です。

当院の太ももの脂肪吸引時の麻酔

当院では「硬膜外麻酔」と「静脈麻酔」を併用して手術を行います。また脂肪吸引の際にはtumescent麻酔と言って脂肪へも局所麻酔を行いますが、これはどこのクリニックでも行います。

静脈麻酔のみで太ももの脂肪吸引を行うクリニックも多くあります。その方が点滴だけで麻酔が出来るので楽ですが、人によっては手術後に強い吐き気や嘔吐に悩まされることがあります。また、硬膜外麻酔は局所麻酔の一種ですので、太もものみの感覚をなくしてくれます。

当院でも静脈麻酔は使用しますが、硬膜外麻酔を併用する事により使用量を減らす事ができ、手術後の吐き気などのトラブルのリスクを減らせます

当院では、一般的に行われている麻酔法の組み合わせにより手術を行っていますが、時々○○クリニックオリジナル麻酔などと宣伝しているクリニックがあります。
ハッキリ言ってそんなもの存在しません。麻酔については麻酔科学会と言うしっかりした組織があり、麻酔の方法についてその道の専門家が発表したり検証を行っています。ですので、日本で使用される麻酔は一般的に知られているものだけです。

太ももの脂肪吸引のリスク

内ももにシワが出る事がある

一気に脂肪がなくなり、皮膚も急にしぼんでいきます。内ももの皮膚の柔らかい所にシワが出来ることがありますが、3-6か月で改善していきますし、それ程気になる事はないでしょう。

色素沈着が起こる事がある

皮膚の色の血色が悪くなる状態です。特に内ももの皮膚の薄い場所に起こる事があります。時間の経過とともに改善してきます、3-6か月が目安です。

効果を実感しにくい事がある

太ももの脂肪吸引で効果を実感できない事はあまりありません。しかし、皮下脂肪の分しか吸引できませんので、細い人にすごく大きな効果と言うのは望めません。
ただし、もともと細い人でも、女性であれば少しは脂肪が付いていますから、脂肪吸引によって変化は実感できるでしょう。

太ももの脂肪吸引の費用

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引
太もも内側 298,000 238,000
太もも外側 298,000 238,000
太もも全体 532,000 425,000
太もも+膝 550,000 440,000
太もも+膝+お尻 630,000 498,000
下半身(太もも+膝+お尻+ふくらはぎ+足首) 798,000 598,000
ふくらはぎ 248,000 198,000
ふくらはぎ+足首 298,000 238,000
ふくらはぎ全周+足首 358,000 286,000

腫れにくい顔の脂肪吸引│頬・顎下

当院の顔の脂肪吸引

当院では腫れにくい顔の脂肪吸引を行っております。

また、顔の脂肪吸引の腫れ具合に関して、2012年、2013年の学会でも発表しています。

2012年
第100回美容外科学会
ステロイド剤を混合したtumescent麻酔による顔の脂肪吸引の検討
2013年
第101回美容外科学会
ステロイド剤を混合した局所麻酔(tumescent麻酔)による顔の脂肪吸引-VECTRA 3D systemを用いた術後早期の腫脹の 評価-

手術後の腫れ具合

麻酔液を調整し、手術方法を工夫する事で腫れにくく、手術を行う事が可能です。実際に受けて頂いた方でも腫れが少ないのが分ります。

顔 脂肪吸引 腫れ

顔の脂肪吸引の効果

当院で手術を受けて頂いた方の効果です。しっかりと細くなっているのが分ります。

顔 脂肪吸引 効果1顔 脂肪吸引 効果2

顔の脂肪吸引の概要

手術後はフェイスバンドと言うお顔を圧迫するものを着用していただきます。通常は2日間して頂きます。

施術時間 約1時間
痛み 約1週間(顔の脂肪吸引は非常に少ない痛みです)
腫れ 2日〜1週間(個人差があります)
内出血 2日〜1週間(個人差があります)
シャワー 48時間後より可能
洗顔 フェイスバンドがあるため48時間後より可能
入浴・運動 1週間後より可能
抜糸 1週間後

顔の脂肪吸引のリスク

脂肪吸引を行う場合、お顔に傷を付けなければなりませんが、顔の傷はほとんどの場合が目立ちにくくなります。

顔 脂肪吸引 傷跡

また、極まれに唇の動きが悪くなる場合があります。この場合、1-6カ月程度で回復すると言われています。

このような事例が起こる事は1%以下で、当院では細心の注意を払って手術を行いますが、日常生活が不便になってしまいます。

その他のリスク・副作用

  • 細かい左右差が出ることがある
  • 思ったように効果が出ない場合がある

顔の脂肪吸引の費用

施術名 種類 通常料金 モニター料金
脂肪吸引 ほほ 238,000円 170,000円
あご下 198,000円 140,000円
頬骨上 178,000円 128,000円
ほほ+あご下 320,000円 230,000円
ほほ+あご下+頬骨上 370,000円 270,000円

*お持ちでない方はフェイスバンド代金10,000円が必要です。