レーザーや高周波などの機械で顔のたるみを解消したい

  • 年と共にたるんで来た、老けて見える
  • 若々しい顔・肌になりたい
  • たるみを予防したい

顔のたるみは誰もが気にする事です。老化だからと諦めなくても解消する方法があります。切るフェイスリフト手術、糸で引き上げる方法、注射で若く見せる方法、レーザーや高周波などの肌の外から出来る治療、その方の希望に応じていろいろな方法があります。

ここでは、お手軽に出来るレーザーや高周波を使った治療をご紹介します。

当院の顔のたるみを解消する2つの方法

高周波で解消する方法

当院ではエクシリスエリートと言う機械を使用しています。この機械は皮膚の深い場所や脂肪層にまで熱を伝えることによって肌の引き締めを行います。また体に使用する事によって痩身効果ももたらしてくれます。

手術のように大きな効果ではありませんが、続けることにより徐々に効果を実感していただけ、続けることによりたるみの予防につながります。

 

レーザーで解消する方法

当院ではロングパルスヤグレーザーを使って肌の引き締めを行います。ヤグレーザーはレーザーの中でも最も深い部分まで届くもので、肌を奥から引き締めてくれます。

引き締め効果が非常に強いと言う訳ではありませんが、その他の効果も色々あり、若返りと言う点では優れています。赤み、ニキビ、しみやくすみ、しわにも効果を示します。

施術後はすぐにお化粧もでき、非常にお手軽です。

エクシリスエリートはたるみの引き締めに特化したもので、たるみの解消としわがメインになります。たるみの解消のみであればエクシリスエリートをお勧めします。

ロングパルスヤグレーザーは軽い引き締め効果をもたらしてくれると同時に、赤みやニキビ、しみ・くすみ、しわにも効果があります。

料金 トライアル 1回 4回コース
ロングパルスヤグレーザー 12,800円
エクシリスエリート(顔) 10,000円 20,000円 72,000円

まぶたのたるみを解消したい

まぶたのたるみを解消したい
  • まぶたのたるみのせいで老けて見られてしまう
  • 若々しいスッキリした目元になりたい
  • たるみで目の上が重くてつらい

加齢でまぶたの皮膚がたるんできてしまった方は、目の上のたるみを取り除くことにより、すっきりとした若々しい目元を取り戻すことができます。

まぶたのたるみを解消するための3つの方法

1)埋没法

 埋没法とは、まぶたに糸を埋め込むことによって、傷を残さず自然な二重まぶたを作る手術です。埋没法をすることで、まぶたのたるみを持ち上げることができます。

2)目の上のたるみ取り

 目の上の余分な皮膚を切除してたるみを解消する手術です。二重のラインに沿ってまぶたの皮膚を切り取るので、傷は二重のラインに重なり目立ちません。

3)眉下切開

 眉毛のすぐ下の余分な皮膚を切り取ることで、まぶたのたるみを取る手術です。眉毛に隠れるように切開するので傷跡はほとんど目立ちません。

それぞれの特徴の比較

埋没法はたるみを解消しているわけではありませんが、非常に簡単に見た目をスッキリする事が出来ます。目の上のたるみ取りや眉下切開は皮膚を切って行う手術ですので、多少のダウンタイムが必要ですが、効果はしっかりと出て持続期間も長いと言う特徴があります。

効果 二重を作り直してパッチリ見せる
ダウンタイム 数日~1週間 1週間 1週間
なし

あり

目立ちにくい

あり

気になる場合もあり

持続期間

いずれ緩む

平均3-5年

老化は止まらないが

再びたるむまでは5年以上

老化は止まらないが

再びたるむまでは5年以上

費用 98,000万円(3点止め) 178,000万円 198,000円

 

目の上のたるみ取りと眉下切開の違い

目の上のたるみ取りと眉下切開は似たような手術方法ですが、切る位置が違っており、向いている人も違ってきます。カウンセリングではより分りやすいようにお伝えしますが、以下のような点に違いがあります。

傷の場所

二重のラインと一致

でたるみを取ると傷が気になる場合もあり

眉毛で隠れる場所に出来る

眉毛の位置を変えると傷が目立つ事がある

向いている人

まぶたの皮膚の厚い人は×

目頭側にたるみが多い人

目と眉毛が近い人

まぶたの皮膚の厚い人でもOK

目尻側にたるみが多い人

目と眉毛が離れている人

目の上のたるみ取りはまぶたの皮膚を切除するので分厚い皮膚が二重のところに下りてきて腫れぼったい二重になる傾向があります。ですので、まぶたの分厚い人には向きませんが、目頭の皮膚を多めに取れるので、目頭側のたるみを取りたい人に向いています。

眉下切開はまぶたの分厚い人にも向いていますが、目頭側の皮膚は大きく取れません。

目の下のたるみ(クマ)を解消したい

目の下のたるみ(クマ)を解消したい
  • 目の下のたるみを解消して若々しい目元になりたい
  • クマがあっていつも疲れたように見られてしまう

ご自身の目元のお悩みに合った手術方法を選択することで、若々しい目元になることができます。

目の下のたるみとは

目の下のたるみとは、下の写真の赤い部分が膨らんでくる事を指します。また、多くの人で、たるみと同時に黄色い矢印の部分の窪みが出現してきます。

目の下のたるみ

目の下のたるみを解消するための5つの方法

1)ハムラ法

 下まつ毛の生え際を切開して、目の下の膨らんだ脂肪をさらに下側の凹んでいるところに移動する手術です。同時に目の下のたるんだ皮膚も切り取れるので、 シワの改善もできます。

2)裏ハムラ法

 裏ハムラ法は通常のハムラ法と違って皮膚を切開せずに、下まぶたの内側を切るので、傷が残らない方法です。

3)切らない目の下のたるみ取り

 目の下のふくらみの原因である脂肪を、まぶたの内側から取り除く手術です。皮膚表面には傷が残らず、腫れも少ないため、ばれずに自然な若返りが可能です。

4)顔の脂肪注入

 自分の脂肪をお顔のシワやくぼみが気になる部分に注入して、膨らませるという手術です。

5)ヒアルロン酸注射

 ヒアルロン酸を注入することで、皮膚にふくらみを持たせ、シワやくぼみを解消する治療法です。持続期間は約6ヶ月で、最もお手軽な治療法です。

 

それぞれの特徴の比較

目の下のたるみは、「目の下の膨らみ」とその下に出来る「窪み」によって出来ます。治療としてはこのどちらか一方、もしくは両方に対する処置を行う事となります。

ヒアルロン酸注射以外は手術になります。お手軽に出来る範囲内で目の下のたるみ(クマ)を改善したい場合はヒアルロン酸で行う事になります。

その他の手術は少しずつ目的や切る位置などが違います。

目の下のたるみは、「目の下の膨らみ」とその下に出来る「窪み」によって出来ます。治療としてはこのどちらか一方、もしくは両方に対する処置を行う事となります。

 

 

切らない目の下のたるみ取り

脂肪注入法

裏ハムラ法

切らない目の下のたるみ取り+脂肪注入法

ハムラ法

膨らみへの効果

(内側・中央の膨らみ)

×

(内側・中央の膨らみ)

(内側・中央の膨らみ)

(内側・中央・外側の膨らみ)

窪みへの効果

×

(頬の方まで広範囲に可能)

皮膚への効果・小じわの予防

×

見えない場所

出来ない

見えない場所

見えない場所

下まぶたに出来る

ダウンタイム

4-5日

3-4日

5-7日

5-7日

1-2週間

向いている人

目の下の膨らみだけある若い人

目の下の窪みがメインの人

目の下の皮膚のたるみが少なく、膨らみも凹みもある人

目の下の膨らみがあり、窪みが頬まで広がっている人

目の下の皮膚もたるんでいる人

料金

218,000円

157,800円

348,000円

348,000円

348,000円

モニター料金

130,800円

110,460円

208,800円

208,800円

208,800円

目の下のたるみは膨らみと窪みを改善すれば見た目が良くなります。

皮膚を切る方法のハムラ法は目の下の膨らみと窪みの両方を一気に改善します。また皮膚を切る事によって皮膚の小じわも少し改善します。その他の方法では難しい、外側の膨らみが気になる人にも対応できます。

皮膚を切らない裏ハムラも膨らみと窪みの両方を解決してくれます、皮膚は切らないので皮膚のハリが保たれている人に向いています。

目の下の切らないたるみ取りは、膨らみだけが目立っている20代の若い人に向いています。

脂肪注入法は、脂肪を注入して膨らみを持たせる方法ですので、目の下の窪みが目立つ人に向いています。

切らない目の下のたるみ取りと脂肪注入法を合わせる手術も可能です。ハムラ法では脂肪を移動できる範囲が限られますので、広い範囲にわたって頬の方まで窪んでいる人に向いています。

目を大きくしたい

目を大きくしたい
  • 大きくてぱっちりとした目元になりたい
  • 目が小さいのが嫌だ
  • 目つきが悪く見られてしまう

目元をぱっちりさせて目力をアップさせたい!というご希望を叶えるために、最適な治療法をご提案させて頂きます。目元の形を美しく整えて、華やかな印象のお顔を手に入れて下さい。

目を大きくするための4つの方法

1)眼瞼下垂手術

 眼瞼下垂とは目を開ける筋肉が緩むことで、上まぶたが下がってきている状態です。

緩んだ筋肉を縫い縮めることにより、目の開きを良くする手術です。その結果、黒目が大きく見えぱっちりした目になります。

眼瞼下垂

 

2)目頭切開

 目頭にある蒙古襞(もうこひだ)という部分を切除することで、目を大きく見せることができます。また、平行型の二重まぶたになりやすく、よりぱっちりした印象の目元になります。

目頭切開

 

3)目尻切開

 目尻の端を切って横方向に広げることで、目を大きく切れ長に見せることができる手術です。

4)たれ目整形

 目尻側の下まぶたを糸で引き下げて固定することにより、たれ目にする手術です。白目の見える範囲が広がり目が大きく見えるようになります。

たれ目整形

 

それぞれの特徴の比較

目を大きくする方法は上記のように4つあります。それぞれ目を大きくする方向や効果が違います。

目を大きくしたい

 

それぞれが違う目的で行われますので、ご自分がどのように目を大きくしたいかによって選択する手術が違ってきます。

*中でも目尻切開は単独では効果が小さく適応が限られます。たれ目整形と組み合わせて相乗効果を狙う場合が多いです。

二重まぶたにしたい

二重まぶたにしたい
  • 理想の二重まぶたにしたい
  • 重い印象の目元をぱっちり二重にしたい

目元はお顔の印象を大きく左右するため、くっきりした綺麗な二重まぶたにしたいという方は多いですよね。理想の二重になるために、一人ひとりのご希望に合った最適な手術方法をご提案いたします。

二重まぶたにするための2つの方法

1)埋没法

 埋没法とは、まぶたに糸を埋め込むことによって、傷を残さず自然な二重まぶたを作る手術です。

《埋没法が向いている人》

  • 手軽に安く二重まぶたにしたい人
  • 短いダウンタイムで二重まぶたにしたい人
  • 切開で傷が残るのは嫌な人
  • いきなり切開では怖い人

 

2)切開法

 切開法とは、まぶたを切って二重にする方法で、長持ちでしっかりした二重まぶたを作る手術です

《切開法が向いている人》

  • 二重を作りたい人すべてに適応
  • 埋没法では取れたことがある人
  • 取れない二重を作りたい人
  • たるみが大きい人
  • 同時に腫れぼったさを解消したい人
  • 同時に目の開きを良くして、黒目を大きくしたい人⇒眼瞼下垂を参照ください

 

それぞれの特徴の比較

埋没法は手軽に出来るのが特徴ですが、二重のラインがいずれ消失してしまう可能性が高い方法です。日本で行われている二重整形手術の80-90%が埋没法で一番メジャーな方法です。

全切開法は二重のラインに合わせて傷を作って強固な二重まぶたを作ります。傷を作る必要があり、落ち着くまでの時間が必要と言う点はありますが、埋没法よりも長持ちである事と、埋没法よりも作れる二重の形に自由度があります。

切開法の中には、部分切開法は埋没法よりも二重の持続が長くなりますが、1㎝程度の傷を作る必要があります。切開と言う名前が付いていますが、出来る事は埋没法とあまり変わらず、全切開のように自由度の高いデザインをする事は出来ません。

 

二重 整形

 

 

埋没法 切開法
手術時間 10-20分 1-2時間
腫れ 数日で腫れの大部分は落ち着く 1-2週間で約70%の腫れが落ち着く
完全にラインが完成するまでの期間 4週間 3ヶ月

分らなくなる

糸の膨らみが目立つ事あり

料金

通常:88,000円(2点止め)

モニター:59,800円(2点止め)

通常:248,000円

モニター:178,800円

二重の持続(詳細なデータはない)

いつか二重が取れる

3-5年と言われる

中には取れる人もいる

10-20%(?)

切開法はすべてのタイプの二重まぶたに向いています。しかし、切らなければいけないので、手術後のダウンタイムの時間が取れない人、傷が気になる人には向いていません。

ただし、皮膚のたるみを取ったり、目の開きを良くするような事を二重まぶた手術と同時に行いたい場合は切開法を選ぶ必要があります。

小顔にしたい

小顔にしたい
  • シャープなフェイスラインにしたい
  • ほほやあご下の脂肪をなくしたい
  • エラの張りを改善したい
  • お顔のたるみを引きしめたい

お悩みの内容やご希望によって、より効果的な治療法をご提案いたします。

小顔になるための4つの方法

1)エクシリスエリート

 高周波と超音波を同時に照射する機械です。熱を皮膚に与える事により、皮膚を引き締めて若返りを行ったり、脂肪を燃焼させて部分痩せを実現したりする事が出来ます。

簡単にダウンタイムなしで行いたい方、たるみのある方に向いています。若くて脂肪の少ない方には向いていません。

2)BNLS注射

 脂肪に直接注入する事により脂肪を減らしたり、むくみを取ったりする取る作用があります。従来の脂肪溶解注射とは全く違う成分ですので、腫れが出る事はほとんどありません。

脂肪を減らしたい全ての方に向いています。効果に個人差があります。

3)エラのボトックス注射

 筋肉の動きをストップさせるお薬を注射して、筋肉を小さくする事により小顔効果を得ることが可能です。

咬筋と呼ばれるエラの部分だけですが効果は大きい場合が多いです。エラの貼っている方に向いています。

4)顔の脂肪吸引

 気になる部分の余分な脂肪を吸引することで、部分痩せが出来て確実な小顔効果があります。当院では腫れない事にこだわって手術しています。

脂肪を大きく減らしたい方に向いています。

 

それぞれの特徴の比較

エクシリスエリート BNLS注射 エラボトックス 顔の脂肪吸引
効果 小~中

中~大

エラの部分のみ

中~大

特にあご下には効果大

ダウンタイム なし 内出血が出る事がある 内出血が出る事がある 最低2日間
必要な回数 4回前後 4回前後 1回 1回
効果の持続 約1年 半永久 4~6カ月 半永久
料金 20,000円/回

5,000円/cc~(10ccの場合)

アメリカ製:39,800円

韓国製:19,800円

ほほ+あご下

通常料金:348,000円

モニター料金:243,000円

エクシリスエリートやBNLS注射は手軽に行えて、ダウンタイムも短く済みます。手術が嫌な人、時間が取れない人には向いています。エクシリスエリートは若い20代の人では小顔効果は少ないですが、BNLS注射と組み合わせることで、手軽に行えて効果もアップできます。

エラボトックスは手軽な割に大きな効果を得る事が出来ます。特に正面から見た時の効果は大きいです。効果が長続きしないのがデメリットです。

脂肪吸引は1回ですみ、効果も大きいですが、手術が必要です。特に脂肪が多めの人には費用対効果は一番高くなります。

わきが・多汗症の治療がしたい

  • わきの汗やにおいをおさえたい
  • 手のひらや足の裏の汗を減らしたい

わきがや多汗症の方は、においや汗に悩まされ、お仕事や人間関係にまで支障をきたすことがあります。汗の量やにおいの程度によっておすすめの治療法がありますので、あなたに最適な方法でコンプレックスを解消いたします。

わきが・多汗症を治療するための3つの方法

1)ボトックス注射

 汗が気になるところに注射することで、汗を止める作用があります。わきのボトックス注射は、においの元には直接作用しませんが、汗が減る事によって臭いも改善します。効果は約4ヶ月持続します。

2)アポクリン腺摘出手術(反転剪除法)

 わきを3~4㎝程切開して、その傷口から皮膚の裏側に存在するアポクリン腺をメインに、直接ハサミで除去する手術です。90%以上のアポクリン腺の除去が可能です。

3)アポクリン腺吸引手術(吸引法)

 わきに5mmほどの傷を作って、細い管(カニューレ)からアポクリン腺を吸引する手術です。70%程度のアポクリン腺の除去が可能です。

 

それぞれの特徴の比較

 

ボトックス注射

アポクリン腺吸引手術

アポクリン腺摘出手術

汗に対する効果

70%程度止まる

50%程度止まるが、また汗が出てくる

50%程度止まるが、また汗が出てくる

臭いに対する効果

50%程度改善する

70%前後

90%以上

ダウンタイム

なし

2-3日

4-5日

再発率・効果の持続

持続4-6ヶ月

30%前後

再発率10%以下

なし

5-7㎜

3-4㎝

料金

韓国製:29,800円

アメリカ製:59,800円

98,000円

198,000円*

向いている人

・汗を抑えたい人

・臭いが気になるが、手術する時間のない人

臭いを取りたいが、ダウンタイムの時間が取れなかったり、数㎝の傷が残るのが嫌な人

臭いを根本からなくしたい人

保険適応の場合はアポクリン腺摘出手術(反転剪除法)になり、3割負担で5-6万円です。

ボトックス注射は主に汗を止めるために使用されます。1回注射すれば効果は4-6か月続きます。1年中打ち続ける方もいますが、夏場だけ注射する方もいます。汗が止まると、臭いも改善します。

アポクリン腺摘出手術や吸引手術はにおいの元になるアポクリン腺を取り除きますので、ワキガの臭いに対する手術です。ダウンタイムが必要ですが、手術の効果は基本的にずっと続きます。

 

ボトックス注射の向いている人

  • 汗を抑えたい人
  • 臭いが気になるが、手術をする時間がなく何とかしたい人 など

アポクリン腺摘出手術が向いている人

  • 臭いを根本からなくしたい人

アポクリン腺吸引手術が向いている人

  • 臭いを取りたいが、手術後のダウンタイムの時間が取れなかったり、大きめの傷が残るのが嫌な人

おでこ・眉間・目尻などのしわを解消したい

おでこ・眉間・目尻などのしわを解消したい
  • しわのせいで老けて見られてしまう
  • ふっくらとハリを出して若々しい印象になりたい

おでこや目元のしわが目立つようになると、老け顔に見えたり、疲れた印象になったりしてしまいます。お化粧品やマッサージではなかなか解消しにくいお悩みです。

当院では、お一人お一人のお肌の状態やご要望に合わせて最適な治療法をご提案いたします。

おでこ・眉間・目尻のしわを解消するための3つの方法

1)ヒアルロン酸注射

 ヒアルロン酸を注入することで、皮膚に膨らみを持たせ、しわを解消する治療法です。お手軽で即効性があり、確実に効果が出ます。持続期間は約6ヶ月程です。

2)ボトックス注射

注射した部位の筋肉に作用し、筋肉の動きを止めることで、表情じわの改善をする治療法です。おでこ、眉間、目尻だけでなく、目の下の外側、鼻根(目と目の間の横じわ)、鼻の下、あごの梅干じわなどの解消にも効果的です。効果の持続期間は平均4ヶ月程です。

3)お顔の脂肪注入

 自分の脂肪をおのしわやくぼみが気になる部分に注射器で注入して、膨らませるという手術です。手術といっても、お顔には傷跡が残らないため、自然な若返りが可能です。定着した脂肪はヒアルロン酸よりも長持ちするため、効果が長期間持続します。

 

それぞれの治療法を比較

 

ヒアルロン酸注射

ボトックス注射

脂肪注入

適応部位

  • 眉間
  • 目尻
  • ほうれい線
  • ゴルゴ線
  • 口元のシワ など
  • 眉間
  • 鼻根
  • 目尻
  • 唇上 など
  • ほうれい線
  • ゴルゴ線 など

適応するしわ

深いシワ

浅いシワ・深いシワ両方

深いシワ

持続期間

6カ月程度

4カ月程度

5年程度(再び老化してくる)

ダウンタイム

内出血が出る事あり

内出血が出る事あり

腫れ・内出血1週間程度

費用

39,800円~

7,800円~

119,600円~

ボトックス注射が向いているしわなのか、ヒアルロン酸注射が向いているしわなのか分りにくい場合が多いと思います。

ほうれい線やゴルゴ線などの窪みのようなしわはヒアルロン酸注射が向いていますが、おでこ・眉間・目尻などの小さな浅いシワはボトックス注射が第一選択となる場合が多いです。ボトックス注射では改善できないような深いしわになっている場合やボトックス注射で動きが止まってしまう(表情が硬くなる)のが嫌な場合はヒアルロン酸注射を使います。

また、ボトックス注射は筋肉の動きを止めるので、筋肉が止まってしまうと不都合な部位には打てません(例えば頬など)

脂肪注入で適応となるのはヒアルロン酸と同じようなシワです。ヒアルロン酸と違って再び老化してくるまで効果が長く続くと言うのが特徴です。

 

眼瞼下垂手術(おでこのしわ)

目の開きが悪いために、眉毛を上げておでこにしわが寄ってしまっている場合があります。この場合にボトックス注射を打つとしわは改善しますが、目が開かなくなり非常に重たい状態になり注意が必要です。目の開きが悪く、おでこにしわが寄っている人には眼瞼下垂手術がお勧めです。

眼瞼下垂とは目を開ける筋肉が緩むことで、上まぶたが下がってきている状態です。眼瞼下垂を修正し、目の開きを良くする事でしわも解消することができます。

ほうれい線を解消したい

ほうれい線を解消したい
  • 段々とほうれい線が目立ってきて気になる
  • ほうれい線を解消して若々しいお顔になりたい

年を重ねるとともに段々と気になってくるほうれい線は、それだけで老け顔に見えてしまうことがあります。マッサージやお顔のエクササイズではなかなか解消されないことが多いですよね。

当院では、お客様のニーズに沿って、ほうれい線を確実に解消するための治療法を各種ご用意しております。

ほうれい線を解消するための4つの方法

1)ヒアルロン酸注射

 ヒアルロン酸を注入することで、皮膚に膨らみを持たせ、しわを解消する治療法です。お手軽で即効性があり、確実に効果が出ます。持続期間は約6ヶ月程です。

2)レディエッセ注射

 お顔に注入して輪郭を整えたり、しわを薄くしたりするために使用します。ヒアルロン酸よりも硬くて広がりにくく、長持ちするという特徴があります。持続期間は約1年程です。

3)BNLS注射

 脂肪溶解注射のひとつで、脂肪を減らしたり、むくみを取ったりする作用があります。ほうれい線のすぐ上のホホの脂肪に注射することで、ほうれい線を薄くすることができます。

4)顔の脂肪注入

 自分の脂肪をお顔のしわやくぼみが気になる部分に注射器で注入して、膨らませるという手術です。手術といっても、お顔には傷跡が残らないため、自然な若返りが可能です。定着した脂肪はヒアルロン酸よりも長持ちするため、効果が長期間持続します。

 

それぞれの治療の比較

 

ヒアルロン酸注射

レディエッセ注射

BNLS注射

脂肪注入

効果

☆☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆

☆☆☆

持続期間

6カ月程度

1年程度

1-2年程度

(長期成績なし)

5年程度(再び老化してくる)

ダウンタイム

なし*

なし*

なし*

腫れ・内出血1週間

費用

39,800円~

59,800円~

32,000円(4㏄)

119,600円

*内出血が出る事あるが、ほとんどがお化粧でカバーできる

 

ヒアルロン酸注射はほうれい線に対する処置では最もポピュラーです。注射でお手軽に出来るので人気の施術です。しかし、ほうれい線のみに注入すると膨らんで自然に見えないため、チークなどにも同時に注入してほうれい線を改善させる方法が用いられます。特にアラガン社のジュビダームビスタと言う製品で行うものをビスタシェイプ®と呼んでいます。

レディエッセ注射はヒアルロン酸よりも長持ちの素材です。欠点はヒアルロン酸と違い溶解する注射がないという事です。ヒアルロン酸よりも形をしっかり作れる、長持ちする事がメリットです。レディエッセ注射もほうれい線だけでなく、チークにも注入し、リフトアップしたように見せることが可能です。当院ではフィラーリフトとして行っています。

BNLS注射は脂肪溶解注射の一種でほうれい線の窪みにボリュームを補充するのではなく、頬のお肉を減らす事によりほうれい線を薄くします。しかし、劇的な効果ではなく何となくすっきりしたと言う感じです。異物を注入するのが嫌な人に向いています。

脂肪注入もヒアルロン酸やレディエッセと同様に注入して膨らませます。ただし、ご自身の脂肪を移植するので長持ちすると言う利点があります。ヒアルロン酸を定期的に注射するのは面倒だと言う人に向いています。

痩せたい・ダイエットしたい

痩せたい・ダイエットしたい
  • スリムで美しいボディラインを手に入れたい
  • ダイエットでもなかなか痩せない
  • お顔・腕・お腹・足など、どうしても細くしたい部分がある

ダイエットや運動は続けるのが大変だったり、なかなか痩せなかったりしますよね。美容医療ならダイエットより時間をかけずに確実に理想のボディラインを手に入れることができます。

あなたの理想を叶えるための治療法を、ご要望に合わせてご提供いたします。

痩せる・ダイエットするための4つの方法

1)エクシリスエリート

 高周波と超音波を同時に照射する機械です。熱を皮膚に与える事により、皮膚を引き締めて若返りを行ったり、脂肪を燃焼させて部分痩せを実現したりする事が出来ます。

簡単にダウンタイムなしで行いたい方、たるみのある方に向いています。若くて脂肪の少ない方には向いていません。

2)脂肪溶解注射

 皮下脂肪に注射をすることで、脂肪細胞が破壊されて部分痩せができるという治療法です。特に、ダイエットでもなかなか落ちにくい、お腹や内もも、二の腕などの部分に効果が出やすいのが特徴です。

3)BNLS注射

脂肪に直接注入する事により脂肪を減らしたり、むくみを取ったりする取る作用があります。従来の脂肪溶解注射とは全く違う成分ですので、腫れが出る事はほとんどありません。

脂肪を減らしたい全ての方に向いています。効果に個人差があります。

4)脂肪吸引

気になる部分の余分な脂肪を5mm程の傷口から機械で吸引することで、リバウンドしにくい確実な部分痩せが出来ます。1回の治療で済み、他の方法よりもスピーディーに大きな効果が得られます。

 

それぞれの特徴の比較

 

エクシリスエリート

脂肪溶解注射

BNLS(腫れない脂肪溶解注射)

脂肪吸引

適応部位

・顔

・二の腕

・腹部

・太もも

ほとんどの部位で可能

どこでも可能

・顔

・二の腕

・背中

・お腹周り

・太もも

・ふくらはぎ

効果

☆☆

☆☆

☆☆☆☆☆

腫れ

なし

3-4日

なし

1-2週間

内出血

なし

出る事あり

出る事あり

1-2週間

必要回数

4回以上

3-5回

3-5回

1回

費用

20000円/回(顔)

9800円/回(10×10㎝範囲)

1㏄4000円/回~

(20㏄注射の場合)

約13.8万円~

簡単な部分痩せとして行う事が出来るのはエクシリスエリートや脂肪溶解注射です。エクシリスエリートはダウンタイム無くお手軽にでき、他の治療と組み合わせることで相乗効果を得る事が出来ます。

脂肪溶解注射はエクシリスエリートよりも効果的ですが、注射の痛みや注射後に大きな腫れが出ます。BNLSは腫れがない脂肪溶解注射ですが、従来の脂肪溶解注射に比べて費用が高いと言うのがデメリットです。ですので、腫れを隠せない顔に向いています。

脂肪吸引は効果は大きいですし、多くの部位に対応しますが他のものに比べて手術が必要です。

 

ボトックス注射

ボトックス注射で筋肉を細くして、痩せて見せる事が出来ます。筋肉の動きをストップさせるボトックスと言う薬を注射することで、部分痩せができる方法です。エラやふくらはぎのみですが、筋肉が発達している部分に使用すると、筋肉を小さく細くすることができます

特にエラの張っている人には大きな効果がありますし、ふくらはぎは脂肪が付きにくい場所なのでふくらはぎのボトックスが効果的な人も多いです。