目の下のたるみ(クマ)を解消したい

目の下のたるみ(クマ)を解消したい
  • 目の下のたるみを解消して若々しい目元になりたい
  • クマがあっていつも疲れたように見られてしまう

ご自身の目元のお悩みに合った手術方法を選択することで、若々しい目元になることができます。

目の下のたるみとは

目の下のたるみとは、下の写真の赤い部分が膨らんでくる事を指します。また、多くの人で、たるみと同時に黄色い矢印の部分の窪みが出現してきます。

目の下のたるみ

目の下のたるみを解消するための5つの方法

1)ハムラ法

 下まつ毛の生え際を切開して、目の下の膨らんだ脂肪をさらに下側の凹んでいるところに移動する手術です。同時に目の下のたるんだ皮膚も切り取れるので、 シワの改善もできます。

2)裏ハムラ法

 裏ハムラ法は通常のハムラ法と違って皮膚を切開せずに、下まぶたの内側を切るので、傷が残らない方法です。

3)切らない目の下のたるみ取り

 目の下のふくらみの原因である脂肪を、まぶたの内側から取り除く手術です。皮膚表面には傷が残らず、腫れも少ないため、ばれずに自然な若返りが可能です。

4)顔の脂肪注入

 自分の脂肪をお顔のシワやくぼみが気になる部分に注入して、膨らませるという手術です。

5)ヒアルロン酸注射

 ヒアルロン酸を注入することで、皮膚にふくらみを持たせ、シワやくぼみを解消する治療法です。持続期間は約6ヶ月で、最もお手軽な治療法です。

 

それぞれの特徴の比較

目の下のたるみは、「目の下の膨らみ」とその下に出来る「窪み」によって出来ます。治療としてはこのどちらか一方、もしくは両方に対する処置を行う事となります。

ヒアルロン酸注射以外は手術になります。お手軽に出来る範囲内で目の下のたるみ(クマ)を改善したい場合はヒアルロン酸で行う事になります。

その他の手術は少しずつ目的や切る位置などが違います。

目の下のたるみは、「目の下の膨らみ」とその下に出来る「窪み」によって出来ます。治療としてはこのどちらか一方、もしくは両方に対する処置を行う事となります。

 

 

切らない目の下のたるみ取り

脂肪注入法

裏ハムラ法

切らない目の下のたるみ取り+脂肪注入法

ハムラ法

膨らみへの効果

(内側・中央の膨らみ)

×

(内側・中央の膨らみ)

(内側・中央の膨らみ)

(内側・中央・外側の膨らみ)

窪みへの効果

×

(頬の方まで広範囲に可能)

皮膚への効果・小じわの予防

×

見えない場所

出来ない

見えない場所

見えない場所

下まぶたに出来る

ダウンタイム

4-5日

3-4日

5-7日

5-7日

1-2週間

向いている人

目の下の膨らみだけある若い人

目の下の窪みがメインの人

目の下の皮膚のたるみが少なく、膨らみも凹みもある人

目の下の膨らみがあり、窪みが頬まで広がっている人

目の下の皮膚もたるんでいる人

料金

218,000円

157,800円

348,000円

348,000円

348,000円

モニター料金

130,800円

110,460円

208,800円

208,800円

208,800円

目の下のたるみは膨らみと窪みを改善すれば見た目が良くなります。

皮膚を切る方法のハムラ法は目の下の膨らみと窪みの両方を一気に改善します。また皮膚を切る事によって皮膚の小じわも少し改善します。その他の方法では難しい、外側の膨らみが気になる人にも対応できます。

皮膚を切らない裏ハムラも膨らみと窪みの両方を解決してくれます、皮膚は切らないので皮膚のハリが保たれている人に向いています。

目の下の切らないたるみ取りは、膨らみだけが目立っている20代の若い人に向いています。

脂肪注入法は、脂肪を注入して膨らみを持たせる方法ですので、目の下の窪みが目立つ人に向いています。

切らない目の下のたるみ取りと脂肪注入法を合わせる手術も可能です。ハムラ法では脂肪を移動できる範囲が限られますので、広い範囲にわたって頬の方まで窪んでいる人に向いています。